【祝☆】ピーチ航空関西国際空港ー台北便就航。マスコミとお客さんで賑わう就航便のチェックインの様子をご紹介します。 - とある台湾観光の旅行記録

【祝☆】ピーチ航空関西国際空港ー台北便就航。マスコミとお客さんで賑わう就航便のチェックインの様子をご紹介します。

関西国際空港を拠点に次々と路線網を広げるピーチ航空。当ブログでは、台湾便の就航に向けて定期的にピーチ航空のニュースをご紹介してきましたけれども、本日10月16日ついに関西国際空港ー台北線の就航の日がやってまいりました。取材陣は来ていましたし、こちら台湾のニュースでもさらっと流れていましたけれども、当ブログではせっかくの台湾線就航なので、実際に搭乗したレポートを詳細にまとめて行きたいと思います。

ピーチ航空 関西国際空港ー台北路線搭乗記事は全5記事あります。

ピーチ航空関西国際空港ー台北便就航。マスコミとお客さんで賑わう就航便のチェックインの様子をご紹介します。
朝5時台の出国審査にピーチ社員さんによる謎の花道・ゲートでのルピシアのお茶の無料サービス。
ピーチ航空台湾路線就航記念の挨拶と、ピーチ機材の座席をご紹介します☆
ピーチ航空で人気の機内食「ピーチデニッシュ」と一瞬で売り切れたお弁当をいただきました。
便利そうなエコバッグなど、ピーチ航空・台北路線就航記念お土産セットの中身をご紹介します。

搭乗者も多かったけれども、新規就航という事でマスコミも目立ちますね。

朝の関西国際空港

さて、ピーチ航空の関西国際空港のチェックイン締め切り時刻はなんとビックリの朝6:10なのであります。こんなに早く国際線を出している会社はコレを見ても分かる通り、朝7時発のピーチ航空21便台北行きと、7:35発のピーチ航空1便ソウル行きだけなんですよね。将来は朝の交通も便利になるかもしれませんけれども、今の時点では神戸から公共交通機関ではこの便に間に合いません。いずれは、深夜帯の交通機関帯の充実に期待したい所ですね。

チェックイン

10月28日からは関西国際空港第2ターミナルに移るピーチ航空ですが、現在は、国際線については関西国際空港第1ターミナルの一番右側の部分でひっそりと営業しているピーチ航空です。ピーチ航空の国際線は50分前に搭乗手続が締め切りになりまして、おそらくは本当にコレに遅刻すると乗れなくなると思いますので、出来るだけ早めに空港に到着しておくようにしたいですね。

マスコミさん

全国ネットのニュースではピーチ航空のニュースはあまり多くないかもしれませんが、関西圏ではピーチ航空はニュース番組の定番のネタです。まあ、ピーチ航空自体関西っぽい営業をしていますし、親会社がマスコミ対策の上手なANAということもあり、マスコミには好かれているんでしょうね。国内線ではそれほど値段が変わらないと思うのですが、スカイマークとは注目度が大違いなのであります。

チェックイン機

こちらがピーチ航空のチェックイン用の機械になります。ピーチ航空は事前にバーコード付きの搭乗券を印刷して持ってくる必要があるのですが、そのバーコードを右下の機械にかざし、そのあとパスポートの自分の写真のページを同じ右下の機械で読み取らせるとチェックインは完了です。このチェックイン、驚くくらい簡単に出来てしまいまして、慣れていると15〜30秒くらいで出来てしまうくらいなんですよね。

荷物預け

ソウルや台北あたりで2泊くらいまでなら荷物を預ける必要もないのかもしれませんが、今回は試しに荷物を預けてみる事にしました。今回支払った追加料金は1,600円なので、荷物を減らして預けなくてもいいかな〜とも思ったのですが、一度は体験しておかないとレポートになりませんからね。手続は慣れていない方もいらっしゃったのか、ややこしいお客様がいらっしゃったのか、4窓空いている割には、列の歩みが遅かったように思います。

台北行きボーディングパス

こちらが、記念すべき台北行き初便のボーディングパスとなります。本当は真ん中の所はバーコードがついているのですが、画像処理で消していますのでご了承ください。大手もこういう簡素なボーディングパスでいいと思うのですけれども、いずれはこういうものに変わって行くのでしょうかね!?

OOKINI

ボーディングパスの一番下の部分にはローマ字で「OOKINI!」と書かれてありますね。日本人なら、コレが関西弁で「ありがとう」だと分かると思うのですが、台湾の方へのこの言葉の知名度はいかほどなのでしょうか。まあ、こういう所はピーチ航空らしいと言えるのでしょうね。

賑わっています

手荷物検査場に行く前に、ピーチ航空のチェックインの様子を裏から撮影してみました。28日には第2ターミナルに移動するので、この風景も残りわずか12日間となりました。台湾行きの初便は地元のニュースによると搭乗率6割台ということだったのですが、ソウル行きもある事ですし、チェックインは結構賑わっているように見えますね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ