ピーチ航空台湾路線就航記念の挨拶と、ピーチ機材の座席をご紹介します☆(ピーチ航空台湾初便レポ:その3) - とある台湾観光の旅行記録

ピーチ航空台湾路線就航記念の挨拶と、ピーチ機材の座席をご紹介します☆(ピーチ航空台湾初便レポ:その3)

2012年10月16日は待ちに待ったピーチ航空の関西国際空港ー台北路線の就航日でした。この記事をアップした日の段階で、ピーチ航空は台湾路線の就航記念セールを行っているのですが、空港利用税などを入れた総額往復運賃でなんと14,000円強での販売となっています。スクート航空の運賃は意外に高くてがっかりした方も多いと聞いているのですが、ピーチ航空は本当に安いですよね。このブログをご覧になって、さらに台湾に行く方が増えれば、それはとってもうれしいなと思うのです。

ピーチ航空 関西国際空港ー台北路線搭乗記事は全5記事あります。

ピーチ航空関西国際空港ー台北便就航。マスコミとお客さんで賑わう就航便のチェックインの様子をご紹介します。
朝5時台の出国審査にピーチ社員さんによる謎の花道・ゲートでのルピシアのお茶の無料サービス。
ピーチ航空台湾路線就航記念の挨拶と、ピーチ機材の座席をご紹介します☆
ピーチ航空で人気の機内食「ピーチデニッシュ」と一瞬で売り切れたお弁当をいただきました。
便利そうなエコバッグなど、ピーチ航空・台北路線就航記念お土産セットの中身をご紹介します。

就航記念の挨拶では、お決まりのピーチポーズがズバッと決まりました。

台北行き

さて、時刻は朝の6時13分。ピーチ航空の台北行きの登場開始は6時30分なので、もうすぐ搭乗開始時刻となりますね。今回のピーチ航空の21便は朝7時発のため、現状ではちょっと使いにくいんですけれども、12月からは台湾行きの増便が決定しており1日2便になりますので、遠くの方でも使いやすいダイヤになる予定です。

スタッフ登場

そうこうしているうちに、ピーチ航空のパイロットと添乗員さん達が登場しました。颯爽とバスへの連絡バスへと乗り込んで行くようです。奥の方のバスには「Peach Crew」と書いてありますね。

挨拶スタート

間もなく搭乗開始という時間になり、何かあるのかな?と思ったのですが、予想通り就航記念の挨拶があるようです。社員さん5名が登場し、就航記念のお決まりの挨拶が行われました。社長さんが登場するのかな?と思ったのですが、社長さんはいらっしゃらなかったですね。

ピーチポーズ

そして、挨拶が終わると、ピーチ航空ではお決まりのピーチポーズを全員でバッチリと決めました。ここはシャッターチャンスという事で、多く集まっているマスコミの皆さんもここぞとばかりに写真を撮りまくっており、フラッシュが大量に炊かれているのが印象的でしたね。

マスコミの人も仕事で写真となるとプレッシャーでしょうね。

搭乗開始ちょっと前

ピーチ航空写真さんにより挨拶が終わり、まもなく搭乗時刻となります。搭乗開始の瞬間はマスコミの皆さんにとっても、良い写真や映像を撮影する絶好のタイミングなのか、各マスコミの場所取りが始まっていますね。

搭乗開始

ピーチ航空21便、台北行きの搭乗がスタートしました。台湾にいるので関西のローカルニュースを見るチャンスはありませんでしたが、こんな感じの写真は地元関西の新聞にも掲載されているようですね。報道に使う写真としては、やはり使いやすい写真なのかもしれませんね。

連絡バス

さて、ピーチ航空では機内の混雑を避けるため、最初は機内後方の方から搭乗がスタートし、その後機内前方の方の搭乗ということになります。私は機内前方に搭乗したため、後からの搭乗となりました。これは、その連絡バスになりますね。現在、ピーチ航空の便は関西国際空港ではスポットを使っておらず、全ての国際線がこのようにバスで飛行機の所まで移動することになります。

ピーチの機材

こちらがおなじみのピーチ航空の機材です。バスの中からなのでイマイチな写真になってしまいました。この逆向きに座っているともうちょっとキレイに撮影できたように思うのですが、コレばかりは運次第なので仕方なかったですね。

後ろの様子

さて、機内に乗り込み後ろの方を見てみたいと思います。ピーチ航空のエアバス320は大手の航空会社に比べると幾分狭い機内なのですが、左右の椅子の幅は大手航空会社と変わりませんし、機材自体は最新のものを使っているのです。そう思うと、国内線や韓国・台湾までの近距離であれば、それほど気にならないのではないでしょうか?

ピーチの椅子

今回は、私の横は2席とも埋まっての出発となりましたが、その2席のお客さんがいらっしゃる前にさっとピーチの椅子の写真を撮影しました。ピーチらしいピーチ色と黒い椅子が交互に並んでおり、結構良い感じの椅子ですよね。前の席との感覚が狭い事だけがちょっと難点なのですが、そればかりはLCCなので仕方ないのではないかと思います。自分は平均的な体格だという方であれば、まず大丈夫だと思いますよ☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ