サミットメモリアルテラス(ウインザーホテル洞爺)2008年のサミットの記念写真場所。サミットと同じ写真をあなたも撮影できる!? - とある台湾観光の旅行記録

サミットメモリアルテラス(ウインザーホテル洞爺)2008年のサミットの記念写真場所。サミットと同じ写真をあなたも撮影できる!?

年に1度のスーパー贅沢を味わうために、ザ・ウインザーホテル洞爺に来ています。このウインザーホテル洞爺は標高625メートルのポロモイ山という山の山頂に建っているため、徒歩で行ける観光場所はあまり多くないのですが、この優雅な雰囲気の中24時間ゆったりと滞在するというのも旅行の醍醐味ではないでしょうか。

今回は、ウインザーホテル洞爺のサミットメモリアルテラスという場所をご紹介したいと思います。2008年にここザ・ウインザーホテル洞爺でサミットが開催された事は記憶に新しい方もいらっしゃると思うのですが、当時の福田康夫首相をはじめ、9人の首脳たちがこの場所で記念写真を撮ったのです。今でもやっぱり記念写真の名所のようですね。では、詳しくみていきたいとおもいます。

ザ・ウインザーホテル洞爺の値段やお部屋などが気になる方は

楽天トラベルでザ・ウインザーホテル洞爺の値段やお部屋などの情報をチェック

そこに「居る」というだけでも優雅なひとときに感じますね。

テラスの向こう

ガイドブックほどはうまく撮影できていないのですが、この位置からの写真はホテル1階のフロントの所から、外側を撮影したものです。実は、サミットメモリアルテラスはここの左奥の方にある場所なんですよね。ホテルのフロントから実はすぐ近い場所にあった訳なのです。ちなみに、このフロント・ロビー部分では朝・昼・夜とずっと生演奏が行われています。これほど優雅な時間を送った事は私の30年弱の人生で初めてかもしれませんね。

外からウインザーホテル

さて、ウインザーホテル洞爺を外から撮影してみました。ガイドブックでは外からの全景を撮影しているものが多いと思うのですが、いざ中で滞在してしまうと、なかなか外からの撮影チャンスはないんですよね。サミットメモリアルテラスに行くまでの途中の路が一番の撮影場所かもしれませんね。

洞爺湖

当然、サミットメモリアルテラスは洞爺湖に面しておりまして、このように美しい洞爺湖の風景を一望する事が出来ます。この写真を撮影した時は、天気が残念な感じになってしまっていますが、天気さえ良ければ最高の記念写真になるんでしょうね。ちなみに、サミットの時の写真も天気はあまり良くなかったようですね。

サミット記念植樹

こちらは、サミット2日目の2008年7月8日に行われた「サミット記念植樹」なんだそうです。この植樹はマツなんですけれども、その品種が「グリーンラーチ」といいまして、二酸化炭素の吸収率が高い新品種だそうなんです。サミットでの環境問題への取り組みへの決意表明の一環なんでしょうね。

サミットメモリアルテラス

上記のような写真を撮影しながら奥へ進んで行くと、サミットメモリアルテラスに到着します。この場所は、他の場所に比べてさらに1メートルくらい高くなっており、記念写真を撮るには絶好の場所となっています。もし、皆さんが9名で訪れるのであれば、サミットそのままの写真を撮影する事ができますね。

メドヴェージェフ

ちなみに、サミットメモリアルテラスには、このようにどの首脳がどの場所に立つべきかというのが床に記されています。この表示は、当時のロシアの首相であるメドヴェージェフさんのものですね。日本語だけではなく、ちゃんとロシア語でも名前が記載されていますね。

フロント

ちなみに、このサミットメモリアルテラスから先ほどのウインザーホテル洞爺のフロント・ロビー方面を振り返ってみるとこんな感じになります。ちょっと画像が小さいですが、ちょうど左の方ではピアノの生演奏が行われている様子も写真に入っていますね。

カメラスタンド

サミットメモリアルテラスは人が多い場所ではないので、自分たちの記念写真が撮れるのか心配する方もいらっしゃると思います。三脚を持っていないと、誰かにお願いしないと写真が撮れませんからね。でも、さすがウインザーホテル洞爺。ちゃんと、ベストのポジショニングにカメラ置き場が設置されているのです。この場所にカメラをおけば、とりあえずはサミットのような構図の記念写真は撮影できます。さすが、細かい気配りのできる高級ホテルですよね。

楽天トラベルでザ・ウインザーホテル洞爺の値段やお部屋などの情報をチェック

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ