中華料理宝楽(新開地/神戸)開店時間には既に大混雑。夏でも冬でも冷麺をいただきます☆ - とある台湾観光の旅行記録

中華料理宝楽(新開地/神戸)開店時間には既に大混雑。夏でも冬でも冷麺をいただきます☆

今回は、神戸の繁華街の一つである新開地にある中華料理屋さんの宝楽をご紹介したいと思います。この新開地界隈は平清盛が作った都である福原京があった場所であり、大河ドラマがブームになったらこの街にも人が集まるのかな?と思ったのですが、結局大河ドラマは大コケし、新開地の街に観光客が集まることはありませんでした。

実際、今の福原は風俗と競艇・パチンコの街なので、普通の神戸の人でもあまり遊びに行かないような街になってしまっており、遠くからの旅行のお客さんが今の福原京を見るとガッカリするのでは?と心配だったのですが、そんな新開地はグルメの面では、結構良いお店のある街でして、今回ご紹介する中華料理屋の宝楽もその一つになります。

by カエレバ

ランチタイムの売りは冷麺です。夏でも冬でも冷麺食べるわよ☆

中華料理・宝楽

さて、神戸の中心三宮駅から神戸高速鉄道で3駅の場所にある新開地。その新開地駅の地下のホームから地上にあがって、南側に行くとすぐにこの宝楽があります。このお店、本当にいつ行っても大混雑で、常に行列を覚悟しないといけないのですが、意外に穴場な時間がありまして、それは午前11時前後なんですよね。

ガラガラ

そもそも、この宝楽は11:15からの営業ということになっており、店の前にもそう書いてあるのですが、実際はお店側の準備が出来ていれば開けるということで、概ね午前11時には開いている事が多いように思います。今回は、10:55にお店に到着したのですが、既にお店は開いており、さすがに早過ぎるからか、最初のお客さんとなったのでした。

冷麺セット

で、今回もランチタイム限定、人気の冷麺セット(750円)を頂きたいと思います。その冷麺がこちらになるのですが、とにかくこの宝楽の冷麺の特色なのは、その具材の多さなんですよね。麺が多い事もさることながら、タマゴやチャーシュー、そして辛子もかなりの多さになっていますよね。

チャーシュー

このお店で特筆すべきは、このチャーシューなのです。冷麺を頼むとチャーシューがドーンと乗ってくる訳なのですが、このチャーシューを食べるだけでもこのお店に来た甲斐があったと思えるくらいなんですよね。細かく切ってあるので、時々脂身が少ない所ばかり当たってしまうのですが、脂身部分と赤身部分のバランスが良いと益々美味しく頂けるのではないかと思います。

チャーハン

そして、冷麺セットのチャーハンとなります。このチャーハン、写真では分かりにくいかもしれませんが、普通の中華屋さんのチャーハンくらいの大きさがあるのではないかと思ってしまうほどなんですよね。そして、冷麺単品との値段が50円しか変わらないのです。

そう思うと、ほとんどのお客さんが頼んでも良さそうなチャーハンなのですが、多過ぎる事が既に浸透しているのか、年配のお客さんが多いここ宝楽では、意外にチャーハンを頼む方は少ないんですよね。知っている方は知っていると言うべきでしょうか・・・。私も正直多すぎるんですけれども、チャーハン単品でも美味しいレベルのお店なので、ひいこら言いながら、頑張って完食するのでありました☆

中華料理・宝楽(新開地/神戸)

住所:兵庫県神戸市兵庫区大開通1-1-4
行き方:神戸高速鉄道・新開地駅から106m。ほぼ駅直結になります。
営業時間:11:15-13:30 / 17:15-20:00頃 ただし、準備が出来次第スタートだそうです。
お休み:土曜日・日曜日

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ