こうべ花絵じゅうたん2012(西神中央/神戸)65,000鉢の花を使って見事に平清盛を描く!? - とある台湾観光の旅行記録

こうべ花絵じゅうたん2012(西神中央/神戸)65,000鉢の花を使って見事に平清盛を描く!?

神戸市で有名な花のイベントと申しますと、ゴールデンウィークに神戸市内中心部を中心に開催されるインフィオラータ神戸というイベントがあります。このインフィオラータこうべはこのブログでも三宮東会場を訪れたのですが、このイベントの開催期間中に神戸にいらっしゃるのであれば、是非ともみていただきたいイベントですね。

そんな花にまつわるイベントはこのインフィオラータこうべだけではありませんで、毎年開催されるイベントとして、神戸市西区の地下鉄西神中央駅の駅前にてこうべ花絵じゅうたんというものがこの時期に開催されるのが定番になっています。

このイベントが開催される西神中央駅は、神戸の中心三宮から地下鉄で30分もかかる場所であり、観光で神戸に来た方がちょっと寄るには厳しいイベントかもしれませんけれども、西神中央の駅前には、神戸・西神オリエンタルホテルもありますし、西区には工場見学や自然など見所が意外にありますので、神戸リピーターの方には是非ともお勧めしたい所ですね。

今回の展示は、2012年11月19日まで行っているようです。

西神中央駅前

さて、今回私はイベント開始3日目の10月30日に西神中央駅を訪れました。最初の3日間は製作期間ということだったのですが、10月30日の夕方に西神中央駅に行ったので、既に花絵じゅうたんは完成していました。駅前にドーンとある花絵ですので、行き交う地元の人たちもつい足がとまっているのが印象的でしたね。

向かいます

では、地下鉄西神中央駅の改札を出て左側、ショッピングセンターのプレンティの方向に参りたいと思います。改札を出て、駅ビルを出た所がこの風景、駅前すぐに花絵じゅうたんはあるのです。

看板

実際の花絵をご覧頂く前にまずは花絵じゅうたんの説明を見てみたいと思います。今年の大河ドラマはちょっとコケてしまったのが残念ですが、神戸市ゆかりの「平清盛」でありました。その平清盛にちなんで、今年の花絵じゅうたんのメインとなる図柄は「平氏の家紋である蝶」を描いているようですね。ちょっとマイナーかなとは思うのですが、完成予想図はこのようになっています。

下から見てみます

その花絵じゅうたんはこのようになっています。65,000鉢もの鉢植えを使っているだけあってかなりの大きさの花絵じゅうたんになっていますよね。ちょっとこの高さからだと全体を撮影しにくいので、ショッピングモールの2階から撮影する事にしてみたいと思います。

アップ

ちなみに、この花絵じゅうたんをアップで撮影するとこのようになります。65,000鉢もの鉢植えを使っているということですが、このような感じで1つ1つの鉢植えを置いて行ったということなんですよね。コレだけ苦闘したのに、花絵じゅうたんの設置期間が3週間くらいとはちょっともったいない気もしますよね。

2階

さて、最後にショッピングモールの2階から今回の花絵じゅうたんを撮影してみました。ちょっと完成予想図と紫の発色具合は違うかなという印象を受けますが、色以外はずばりそのままの出来になっているのではないでしょうか。これほどの花絵を3日で作ってしまうとは、職人さんお疲れさまでした。という感想ですね。観光客の方には少し行きにくい西神中央ですが、検索でこのページにたどり着いた方には、是非とも西神中央まで行っていただきたいなと思っています☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ