LCC以外で台湾に行きたい人向け。大手旅行会社の11月台北行き格安航空券の安値を検索して調べてみました。 - とある台湾観光の旅行記録

LCC以外で台湾に行きたい人向け。大手旅行会社の11月台北行き格安航空券の安値を検索して調べてみました。

台湾は台湾自体が日本文化に非常に寛容なためか、地元の人も日本人には非常に優しいことが多く、一人旅や個人旅行をするにはもってこいの国ではないかと思っています。特に、最近は関西地方はピーチ航空・首都圏地方はスクート航空と、時期によっては往復コミコミ1万円台で行くことのできるLCC2社が参入し、関西・首都圏から台湾への経済的な敷居が一気に下がりました。

台北ホテルの口コミランキング10を毎月作成していますけれども、このランキングに掲載されているホテルでも安い所で1泊2人5,000円くらいで宿泊が出来る事が珍しくありません。それでピーチ航空の最安値往復コミコミ14,000円くらいのチケットが取れるのであれば、2泊3日の台湾旅行(2名1室)は1人あたり19,000円で完成してしまうんですよね。

まあ、こんなにうまくLCCのチケットが取れることは滅多にないんですが、LCCに比べて安定して安めのチケットが取れるのが大手の旅行代理店という事になります。LCCの最安値ほどのビックリチケットはなかなか出る事がないのですが、参考までに大手航空会社の航空券だけならこんなものだという情報としてご覧いただければ幸いでございます。

なお、このランキングは11月2日調べであり、航空券の売り切れ等で最安値の運賃がなくなったり、新しく最安値が登場している事もありますので、予めご了承ください。

関西国際空港発着・台湾行き3泊滞在11月の格安航空券ランキング

第1位:スカイゲート:航空会社未定 総額25,175円
第2位:HIS:ジェットスターアジア航空 総額34,530円
第3位:JTBトルノス:チャイナエアライン 総額40,480円
第4位:YAZIKITA:エバー航空 総額46,630円

成田空港・羽田空港発着 台湾行き3泊滞在11月の格安航空券ランキング

第1位:スカイゲート:チャイナエアライン 総額29,325円
第2位:JTBトルノス:チャイナエアライン 総額35,370円
第3位:YAZIKITA:チャイナエアライン 総額35,520円
第4位:HIS:エバー航空 総額37,620円

今回比較したのはこの4社でした。台北以外にも安い航空券が!?

HIS全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】
JTBトルノス≪ワガママできる≫海外予約サイト。急な変更や直前の申込も可能&格安!
YAZIKITA簡単便利航空券予約!料金徹底比較 マイルが貯まる 即時予約 eチケット対応
スカイゲート【格安航空券】最短で出発前日14時まで直前予約OK!海外旅行はスカイゲート

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ