阪急梅田店の鼎泰豊に行ってまいりました。2012年10月25日オープン☆ 今回は初のマンゴ入りに挑戦です。 - とある台湾観光の旅行記録

阪急梅田店の鼎泰豊に行ってまいりました。2012年10月25日オープン☆ 今回は初のマンゴ入りに挑戦です。

最近、日本でもどんどん出店を行っている鼎泰豊。スゴい勢いで店舗数が増えて行って現在の国内店舗数は13店舗、既に本国台湾の店舗数は確か超えていたと思うのですが、それも鼎泰豊の日本での経営を委託されている高島屋グループの会社である「株式会社アール・ティー・コーポレーション」の力なんでしょうね。

この株式会社アール・ティー・コーポレーションは、鼎泰豊だけではなく香港の有名店である糖朝も経営しているんですよね。そう言えば、高島屋の店舗内で鼎泰豊・糖朝を見ることが多いと思いませんか? 私が時々行く高島屋・なんば店では鼎泰豊・糖朝は隣接して出店しているんですよね。さすが、高島屋グループと言った所でしょうか。

さて、そんな日本の鼎泰豊の13店舗目となったのが、10月25日にリニューアルオープンした大阪梅田の阪急百貨店になります。高島屋グループなのに関西では直接のライバルの阪急にも出店した事が個人的には驚きでありましたが、先日梅田に行く用事があったので、早速食べてまいりました。では、そのレポートをご覧いただければと思います。

by カエレバ

とにかく値段は激高。それを除くとまあまあと言った所でしょうか。

鼎泰豊

まだリニューアルオープンして半月くらいしか経っていない阪急梅田店。この鼎泰豊も混むかな〜と予想して午後2時くらいに行ったのですが、それでも多少の待ち客。さすが阪急百貨店ですね。他のお店もこの時間なのに行列をしているお店がいくつかありました。

さて、今回はランチタイム限定のセットメニューである、牛肉麺セットを頂く事にしたいと思います。こちらは、牛肉麺と小籠包4個と小菜のセットで1、659円なんですよね。台湾の鼎泰豊を知っているとあまりに激高で驚くばかりなんですけれども、日本でも高級路線の鼎泰豊。この高さは仕方ないのかもしれませんね。

酢醤油

今まで日本の鼎泰豊で特に気にした事はなかったのですが、日本の鼎泰豊では酢と醤油が別々になっていて自分で配合するのではなく、最初から酢醤油という事になっているのですね。今まで気にした事がなかったのですが、今回初めて気づいたのでありました。

小籠包

さて、小籠包は常にスタンバイが出来ているのか、台湾のお店でも日本のお店でも提供はスゴく早いですね。個人的には、4個だけというのが残念でなりませんが、写真が曇ってしまうくらいの熱々での提供なので、早速いただいて見たいと思います。

肉汁たっぷり

さて、普段から年に何回もいただいている鼎泰豊の小籠包ですが、今日の小籠包はいつもにもまして肉汁がたっぷり入っているという印象でした。地元台湾で食べるよりも肉汁については、多めに入っていましたね。ただ、肉汁の味の濃厚さは台湾にはちょっと及ばなかった気がします。まあ、この辺は感性の問題もあると思いますけどね。

牛肉麺と小菜

しばらく待っていると、小籠包が食べ終わる頃に牛肉麺と小菜が運ばれてきました。小菜は台湾では良く見かけるタイプの小菜ですけれども、台湾の小菜のサイズに慣れているので、こんな感じでちょっとだけ運ばれてくると違和感を感じてしまいますね。

牛肉麺アップ

こちらが牛肉麺になります。台北で食べるものと比べるとちょっと違和感を感じるのですが、その正体は・・・と考えてみると、そういえば台湾で食べる牛肉麺とはお肉がちょっと違うんですよね。この牛肉麺はお肉として角煮のようなお肉が入っており、しかもやたらとごろごろ角煮風になっていますよね。

麺

麺やスープは台湾でいただく牛肉麺と比べ、遜色のない物でかなり美味しく頂く事が出来ました。ランチタイムは麺+小籠包のセットが定番のようですが、周りのマダムたちはこの豪快なお肉が入っている牛肉麺を食べている人は少なかったようですね。このパワフルすぎる牛肉麺に比べると、他の麺の方が女性向きですものね・・・。私は牛肉麺が台湾らしいかな〜と思うんですけどね。

マンゴ入り小籠包

さて、もう少しだけ食べられそうなので、今回は初めての商品であるマンゴ入り小籠包に挑戦してみたいと思います。普通のアン入り小籠包は台湾でも何度かいただいた事がありますけれども、マンゴも入っている小籠包は初めての体験になりますね。どんな感じの食べ物なんでしょうか。

中身

ということで、中を割ってみてみたいと思いますが、こんな感じでマンゴーがドーンとはいつつ、周りにはアンコが入っており、マンゴとアンコという今までに味わった事のないような絶妙なバランスをこの1つの小籠包で楽しむ事が出来ました。普段はこんな組み合わせで頂く事はないと思うのですが、特にマンゴ好きの人は一度注文してみてほしいですね。お値段は4個で420円となっています。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ