ANA434便 那覇空港=神戸空港(プレミアムクラス)人気の沖縄ハーバービュークラウンプラザの機内食☆ - とある台湾観光の旅行記録

ANA434便 那覇空港=神戸空港(プレミアムクラス)人気の沖縄ハーバービュークラウンプラザの機内食☆

今回は、那覇空港から神戸空港を結ぶANA434便のプレミアムクラスに搭乗しました。関西地域から沖縄へはLCCのピーチ航空がセール時でなくても4,590円~14,790円で飛ばしており、正直な所ピーチ航空のサービスもソコソコ良いと思いますので、沖縄に行く時にプレミアムクラスじゃなくてもいいのでは・・と思ってしまっています。

それでも、今回は国際線に接続する国内線として那覇空港=神戸空港のチケットを取っているため、5,000円で乗る事が出来ました。普通席からプレミアムクラスの変更代金は8,000円となっていますが、合計13,000円でプレミアムクラスに乗れると思うと、むしろ大歓迎ですよね。ANAプラチナ会員ですと、区間マイルも1,662マイル積算されますしね。

関西ではあまり見かけないソラシドエアに出会いました☆

ANA434便

さて、ANA434便の出発時間は12:55となりまして、昼食にはちょっと遅めの時間帯ではあるのですが、プレミアムクラスではANA自慢のプレミアム御膳という弁当をいただけますので、ここまで頑張って昼食を我慢しました。那覇空港発着では、ANA系列のホテルである沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザが機内食を担当しており、どの時間帯に乗っても美味しいお弁当を頂く事が出来ます。

ボーイング767

今回の那覇空港から神戸空港のANA434便の機種は中型機のボーイング767でした。神戸空港と那覇空港の間の需要はそれほど大きいものではなく、小型のボーイング737やエアバス320が入る事もあるのですが、このANAのエアバス320はオンボロが多く、新品に近いエアバス320を使っているLCCよりもダメじゃんと思ってしまうこともあるんですよね。

ジェットスターとソラシドエア

搭乗開始時刻となりましたので、機内に乗り込みたいと思いますが、離陸を待っている別のANA機に加え、ジェットスター・ジャパンとソラシドエアが一つの写真の中におさめることができました。ソラシドエアは九州各地=羽田空港中心の路線展開のため羽田空港では良く見かけるように思うのですが、実は九州各地=沖縄の路線も豊富に運行しているんですよね。関西では見かけない航空会社ですけどね。

人気のホテル、ハーバービューが作った機内食をいただきます。

飛行機に搭乗し、離陸後ベルト着用サインが消えまして、お待ちかねのお弁当タイムとなりました。12:55発なので、この時点で13:15くらいにはなっているのでしょうか。普段11時台に昼食を食べる事の多い私なので、すっかりお腹が空いてしまいました。

ごはん

今回のご飯はこんな感じでちらし寿司のようですね。個人的には酢飯よりも普通のご飯の方が好みではあるんですけれども、機内食は持ちが良くないといけないので、普通のご飯よりも酢飯に出会う頻度の方が多い気がしますね。酢飯よりは炊き込みご飯だとなお嬉しいですけどね。

おかず

ちょっと写真がブレてしまっていますが、おかずになります。昔は地方色を出したお弁当が出ることが多かった気がするのですが、今回のメインは海老にサーモン、鰆の塩焼きにチキンの西京焼きと全然沖縄らしさのないお弁当になってしまっているような気がします。

デザートのわらび餅が黒糖味なのがかろうじて沖縄らしさを醸し出しているでしょうか? せっかくの沖縄のホテルで作っている機内食なので、もう少し沖縄らしさを全面に出してほしいですね。ただ、沖縄らしさがないとは言え、味はさすがの沖縄ハーバービューホテル製の弁当であり、満足の行く昼食だったと思います。

マンゴージュース

ご飯のお供にジュースを飲むというのはちょっと合わないかもしれませんが、せっかくの沖縄発の便ですので、今回はマンゴージュースを頂く事にしました。マンゴージュースは今のANAのプレミアムクラスのソフトドリンクの中では一番美味しいような気がします。正直、国内線プレミアムクラスのソフトドリンクは、国際線ビジネスクラスよりも断然充実しているんですよね。

スターバックス

そして、食後にはスターバックスのコーヒーをいただきました。今回のCAさんはコーヒーのお供のお菓子「いわてまり」を言わないと持って来てくださらないCAさんだったようで、まわりの人もほとんどいわてまりを食べていませんでした。最近、いわてまりを必ず2個以上食べている気がしたので、久しぶりの事でしたね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ