沖縄都市モノレール(ゆいレール)儀保駅から臨む那覇市内の超キレイな遠景。 - とある台湾観光の旅行記録

沖縄都市モノレール(ゆいレール)儀保駅から臨む那覇市内の超キレイな遠景。

今回は、沖縄都市モノレール(ゆいれーる)の儀保駅(ぎぼえき)を利用した時の記事になります。この儀保駅は、沖縄都市モノレールの一方の終点である首里城にほど近い首里駅の次の駅でありまして、もう一方の終点の駅である那覇空港駅からは約24分の場所になります。

観光客の方だと、首里城に行くために那覇空港駅=首里駅の全区間を乗った事はあるという方はいらっしゃるとは思うのですが、この儀保駅はそれほど観光スポットもなく、今回はホテル日航那覇グランドキャッスルの最寄り駅だったからという事で利用しました。

なお、この儀保駅はホテル日航那覇グランドキャッスルから徒歩15分という事になっていますが、途中急な坂もありますし、荷物の大きい方は全くお勧めしないルートになります。大人しくタクシーかレンタカーで行くのが良いでしょう。

那覇市は実は坂の多い街なんですよね。

儀保駅那覇空港方面

ということで、今回はホテル日航那覇グランドキャッスルからの帰りである儀保駅から那覇空港駅までの搭乗記録になります。普段、レンタカーやツアーで沖縄を観光していると気がつかないことかもしれないのですが、この沖縄というのは実は結構坂の多い街なんですよね。ゆいレールでも途中おもろまち駅くらいからは、標高が高くなっている事が分かると思うのですが、儀保駅まで来ると標高もかなり高くなってきます。

那覇市内

そんな感じでこのホームから那覇市内の都会方面を臨んでみるとこんな感じになりました。めちゃくちゃ遠くには海も見えますけれども、びっしり住宅が詰まっているんですよね。実は、那覇市は日本の政令指定都市を除くとトップクラスの人口密度だそうですし、日本有数の大都会という事なんですよね。

首里城方面

この儀保駅エリアの一番の観光スポットと言えば、首里城になります。基本的には、ゆいレールの終点である首里駅から行くのが一番近いとは思うのですが、広い首里城公園ですので、場所によってはここ儀保駅の方が近い場所もあるのではないでしょうか。この首里城は世界遺産の一部ですし、見学した事がないという方は、是非とも一度見ていただきたい施設ですね。

ツインタワー

本土から那覇市内に引っ越しをする人も多いと聞いています。そう言う方に人気なのが、那覇市内にいくつか建設されているタワーマンションです。このツインタワーは、那覇の新都心であるおもろまちエリアに建設がすすめられているリュークスタワーというタワーマンションになります。高台に位置していますし、那覇市都心部の夜景はキレイに見えるでしょうね。個人的には、「周りにタワーマンション建設反対!」と書かれているのがちょっと気になりますけどね。

マンションの広告

ゆいレールの搭乗口の所には広告スペースがあるのですが、こんな感じのマンションの広告が出ている事が多いように思います。こちらの広告は首里エリアの普通のマンションのようですが、リゾート向けのウイークリーマンションの広告が出稿されている事もありますよね。

ゆいれーる

昔は、昼間12分に1本だったゆいレールですが、いつの間にやら10分に1本まで増発され便利になりました。神戸地域だと阪急特急・阪神特急が10分置きなんですけれども、JRの新快速は15分置きなんですよね。個人的な意見としては、10分だと許せる待ち時間ですけれども、新快速で13〜4分くらい待つ場合は運が悪いな〜と思ってしまいます。

広告

私の住んでいる神戸市の電車は広告スペースを埋めるのに苦労しているように見えるんですけれども、ゆいレールはいつ乗っても広告がちゃんと埋まっているんですよね。この奥の方の広告は、沖縄銀行のカードローン「チェキット」の広告なんですけれども、一見何を書いているのか分かりませんよね。小さく「沖縄を応援するカードローン チェキット」と書いてあるんですけれども、ぽぴぱぱぽ・・・と読んでみるとそう聞こえなくはないように思えるのが不思議なものですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ