羽田空港 ANA国内線ラウンジ(本館南)。築2年になっても抜群のキレイさ、静かにビールで乾杯もできます☆ - とある台湾観光の旅行記録

羽田空港 ANA国内線ラウンジ(本館南)。築2年になっても抜群のキレイさ、静かにビールで乾杯もできます☆

今回は、ANAのプラチナ会員以上とスーパーフライヤーズ会員、もしくはプレミアムクラスを利用した方だけが利用する事のできる羽田空港のANAラウンジ(国内線)をご紹介したいと思います。現在は、3,000円支払いをするとこのラウンジを利用できるようになっていたと思いますので、興味のある方は航空券予約時に「オプション」の所を探してみてください。

普通席利用時であってもANAラウンジを利用する近道は!?

国内線・国際線利用時に普通席であってもラウンジを利用できるようになる近道は、ANA・スーパーフライヤーズカードを取得する事です。これは、事前にANAカードを保有している人が、ANAプラチナ会員を達成した時に申込できるカードになります。プラチナ会員になるには、おおよそ50,000ポイントの搭乗が必要になりますが、一生のウチに1回でも達成すれば、後はクレジットカードを維持するだけで会員資格が一生持続するというお得なカードになります。詳しくは、上にリンクからご確認くださいね。

さすが日本の顔である羽田空港。築2年経ったラウンジでも最高です。

ANAラウンジ入り口

さて、今回はANAを利用しますので、羽田空港の第2ターミナルにやってまいりました。この第2ターミナルはANAグループが中心に使っているターミナルでありますが、JALグループが使っている第1ターミナルに比べて新しいので、ラウンジだけではなくターミナルが全体的にキレイなのが特徴ですよね。JALもラウンジ自体は負けてないと思うんですけどね。

青汁

では、飲み物類をいくつかご紹介していきたいと思います。まずは、ANAラウンジと言えば・・の青汁ですね。時々JALのサクララウンジでも見かけることのある青汁ですが、なぜか国内の航空会社のラウンジには青汁が置いてある事が多いように思います。毎度毎度1杯はいただくのですが、「まずい、1杯でええわ!」となりますね。

コーヒーメーカー

利用者の多い羽田空港のANAラウンジなので、コーヒーメーカーは2台置いてありました。羽田空港よりも新しいANAラウンジは超高級品のEGROのコーヒーメーカーを置いてある所が多いのですが、こちらのコーヒーメーカーはEGRO社製のものが入るようになる前まではどこのANAラウンジにも入っていたコーヒーメーカーですね。

冷蔵庫

冷蔵庫の中を見てみたいと思いますが、キンキンに冷えたビール用のカップの他に、牛乳・烏龍茶・トマトジュース・野菜ジュースが置いてありますね。コップは一応ビール用との事なんですけれども、私はこの野菜ジュースをキンキンに冷えたカップで頂くのが定番になっています。

ビールサーバー

ANAラウンジの事を「ANA居酒屋」と呼ぶ人もいるそうですけれども、それはこのキリン一番搾りのビールサーバーが置いてあるからでしょうね。こういったビールサーバーとキンキンに冷えたカップでいただくビールはとても美味しいという事でして、出張のビジネスマンの方が美味しそうに飲んでいるのを見て、お酒が飲めない私は非常にうらやましく思っています。

by カエレバ

こんな感じで頂きました

さて、私はビールは飲めませんので、前述の通り野菜ジュースとスナックミックスを頂く事にしたいと思います。普段はプレミアムクラスに搭乗する事が多いので、機内食は付いていることが多いんですけれども、どうしてもラウンジに来る時間によっては小腹が空いてしまうんですよね。このスナックミックスに入っているプレッツェルは美味しいので、是非ともオススメしたいですね。

椅子

羽田空港の国内線ANAラウンジの利用者は非常に多いのですが、それ以上にラウンジ内が超広々としており、こんな感じで全体的に余裕があるのが、羽田空港のANAラウンジの特徴となります。地理的に場所が余っていそうな、新千歳空港のANAラウンジが一番狭く感じてしまうのが、なんともかんともなんですけれども、それはともかく利用者の多い羽田空港のラウンジが広いというのは良いことですよね。

仕事椅子

羽田空港のラウンジと言えば、出張前にメールや書類のチェックが必要な方もいらっしゃるのではないかと思います。そう言う方も、こういったスペースであれば仕事でパソコンを使う事が出来そうですよね。横と敷居がないので、ちょっと機密情報は扱いにくいかもしれませんが、そのような情報でないのであれば、こう行った場所でも十分お仕事はできるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ