エアポートラウンジ ヴォルティス(徳島阿波踊り空港)各種ゴールドカードで利用できるカードラウンジです。 - とある台湾観光の旅行記録

エアポートラウンジ ヴォルティス(徳島阿波踊り空港)各種ゴールドカードで利用できるカードラウンジです。

最近、地方空港の名前に変な単語が付く事が多くなっているような気がしませんか?今回利用した徳島空港も、いつの間にやら徳島阿波踊り空港なんていうとんでもない名前になっているようでした。まあ、確かに阿波踊りが名物である事は確かなんですけれども・・・。まあ、鬼太郎空港もある事ですし、これくらいなら許容範囲内ってことですかね?

今回は、徳島空港のターミナルビル3階にありますエアポートラウンジ ヴォルティスを利用することにしました。ヴォルティスというとサッカー好きの方なら、JリーグのJ2に所属する「徳島ヴォルティス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このヴォルティスって何だろう・・と思って調べるとなんと鳴門海峡名物の「うずしお」の事なんですよね。となると、徳島名物に「ヴォルティス」と付くのも納得が行く事だなと思うのでありました。

by カエレバ

地方の空港だからか、意外に広々のびのび良ラウンジかなと思いました。

ヴォルティス入り口

さて、今回は徳島空港=羽田空港の朝一の便に搭乗するために、徳島空港に朝の6時台にやってまいりました。ANAの羽田空港行きは8時過ぎなのですが、JALの羽田空港行きが7:25にあるため、6時台からこのラウンジはソコソコ混みあっていましたね。このラウンジに入場できるカードは上の画像に書いてある通りですが、ご不明の方はラウンジの係員さんに聞いていただければと思います。

ジュース

ラウンジの係員さんに楽天プレミアムカードを見せまして、ラウンジ内に入ってくるといきなり出迎えてくれたのは無料の自動販売機でした。普通のラウンジのようにジュースサーバーが置いてあるのではなく、このような感じで、自動販売機の中から好きなドリンクを選んでくださいという事なんですね。なお、紙パックのオレンジジュースや野菜ジュースなどもありまして、それはラウンジの係員さんに言っていただく事になります。

お水など

それ以外にも、お水とお湯のサーバーやおしぼりなども置いてありました。必要な方はセルフサービスにてここから取っていくようにしてくださいね。

リアルゴールド

私は今回はリアルゴールドを頂く事にしました。コカ・コーラ社製の自動販売機やジュースサーバーが置いてある時はいつもいつもリアルゴールドですね。大体、旅行の時は疲れている事が多いので、リアルゴールドを飲むのも理にかなっていると言えるのかもしれません。特に、今回は神戸〜徳島と100キロくらい運転してきている訳ですからね。

椅子

このエアポートラウンジ・ヴォルティスは席数がかなり少なめなのですが、おそらくは徳島空港の利用者がそんなに多くないためか、一人当たりのスペースがかなり広く取られています。そして、朝のラッシュ時と思われるJAL便出発前も席を取るのに苦労するほどではありませんでした。椅子もこんな感じでかなり広めの椅子が設置されていますよね。

机

日経エンタテイメントなど新聞だけではなく雑誌も豊富なラウンジではありますが、仕事をしないといけない方のために、机も設置されています。コンセントも付属していますし、インターネットは徳島空港のフリーのWifiを使う事が可能でした。

PC付き机

上記のフリーの机の他に、こんな感じでパソコン付きの机も1台設置されていました。最近は、ビジネスマンの方だとノートパソコンかタブレットを持ち歩いている方が多いと思うので、私の滞在中に利用している方はいらっしゃいませんでしたけれども、人によってはちょっとした調べものに便利かもしれませんね。

喫煙室

最近は全部禁煙のラウンジも多くなって来ていますが、エアポートラウンジ ヴォルティスでは、奥の方に喫煙室も設置されています。喫煙されるという方も安心ですね。

目の前が海

11月下旬の朝6時台ということで、まだまだ外は暗さが残っていますが、改めてエアポートラウンジ・ヴォルティスから外を眺めてみますと、ここは海のそばだと言う事に気づいたのでした。まあ、始めてやってくる空港でありますし、カーナビに従うままやって来ている訳なので、ここが海の横というのもなかなか気づかないですよね。駐車場も1日600円ですし、徳島=新千歳・沖縄なんて便があれば、神戸空港の代わりに使ってもいいんじゃないかな〜と思うほどの快適な滞在でありました。

徳島空港だけじゃなく、海外600カ所の空港で使えるのは・・?

国内旅行だけではなく、海外旅行も良く行くわよ☆ という方には徳島空港エアポートラウンジヴォルティスも利用OKな楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆ つまり、実質初年度はタダで楽天プレミアムカードが持てるってことね。

この楽天プレミアムカード。プライオリティパスが魅力の一つではあるのですが、個人的にオススメしたいのは、空港からの手荷物宅配サービスなんですよね。実際、海外旅行から成田空港・羽田空港・関西国際空港まで帰って来ても、そこから家まで空港バスに乗って、さらに電車に乗って・・なんて人だと疲れているのに荷物が負担になってしまいますよね。その荷物がタダで空港から家まで送れるというのは便利ではないですか?

★☆楽天プレミアムカードで優雅なひとときを☆★

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ