準備が急ピッチで進む神戸ルミナリエと、オリエンタルホテル旧居留地・伝統のカニクリームコロッケランチ。 - とある台湾観光の旅行記録

準備が急ピッチで進む神戸ルミナリエと、オリエンタルホテル旧居留地・伝統のカニクリームコロッケランチ。

先日、神戸市の超オシャレエリアである旧居留地エリアにある高級ホテルである「オリエンタルホテル・旧居留地」のレストランであるメインダイニングにて、お友達と一緒にランチを食べてきました。このオリエンタルホテルのレストランは、神戸市民の憧れのレストランでありまして、ディナータイムだとめちゃくちゃ高くなってしまいますが、ランチタイムは比較的お手頃価格となり、今回のランチで税・サービス込みの2,500円となっています。

この2,500円というのが高いかどうかは人それぞれかと思いますが、私は月に1回くらいのお楽しみランチであれば、悪くない値段かな〜というのが正直な印象です。ちなみに、今回のプランはレストラン予約の一休.comさんで見つけた特別プランでした。お友達やご家族とたまには豪華なランチをお得なプランでいかがですか?

2012年の神戸ルミナリエは12月6日からです。

神戸ルミナリエ準備中

オリエンタルホテルのある旧居留地エリアは、毎年12月に神戸市内で開かれる光のイベント、神戸ルミナリエの開催地のまっただ中にあります。おそらくは、この神戸ルミナリエ期間中の12月6日〜12月17日の間は、このメインダイニングもめちゃくちゃ混雑するのではないかと思います。この期間にデートでレストランを利用する人がうらやましいですね☆

by カエレバ

コレで2,500円なら毎月1回行ってもいいんじゃないかな!?

さて、今回いただいたコースは基本的には「オリエンタルランチ」というコースになりまして、メイン料理は魚料理・肉料理・カニクリームコロッケからの選択となります。このオリエンタルホテルは、カニクリームコロッケが昔から受け継がれる伝統の料理なんですよね。他には、カレーも伝統の料理である訳なんですけれども、今回はカニクリームコロッケの方を頂く事にしたいと思います。

白ぶどうジュース

今回のプランはレストラン予約の一休.comさんからの予約となりましたが、通常のプランに比べると1ドリンクがサービスされるという点でコース内容が豪華になっています。カクテルのサングリアとどちらを選ぶか非常に迷ったのですが、今回は白ぶどうジュースを頂く事にしました。フランス産かな〜と思ったんですけれども、瓶を見るとオーストリア産と書かれてしましたね。通常の注文では1グラス800円のジュースとなります。

フォカッチャ

コースでは、ローズマリー入りのフォカッチャが食べ放題となります。食べ放題だからと言ってあまり多くいただくのも浅ましいと思ったのではありますが、係員さんが次々と持って来てくださいますので、つい4つもいただいてしまいました。常識的に考えると、ちょっと食べ過ぎましたね。反省です。

前菜

前菜のサラダ

スープ

ごぼうをベースとしたスープ

カニクリームコロッケ

メイン:カニクリームコロッケ

割ってみると・・

普通、皆さんの想像するカニクリームコロッケとは、中にはクリームソースがたっぷりと詰まっているものではないでしょうか。しかしながら、ここオリエンタルホテルのカニクリームコロッケは、中を割ってみると白いクリームが入っているのではないのです。

通常のカニクリームコロッケとは違い、カニ味噌などが入っているためかと思うのですが、普段揚げ物屋さんで買って帰るカニクリームコロッケとは全く別の次元の食べ物だと考えた方が良いでしょうね。カニの味わいは深く、驚く事間違いなしですよ。また、コロッケの中身がびっしりと詰まっており、見た目以上に重い料理だというのも意外でしたね。

モンブランシュー

デザート:モンブランシュー

コーヒー

そして、デザートをいただきながらゆっくりとコーヒータイムにしたいと思います。デザートはなんと5種類からの選択と、さすがオリエンタルホテルのランチだと感心した物です。また、このデザートを頂く時は、座席を移動しまして、カフェエリアでフカフカの椅子に座りながらのデザートタイムとなります。席を移動するのは面倒だと感じる方もいらっしゃるでしょうけれども、個人的には粋な計らいかな〜と思いました。さすが、神戸を代表するホテルの一つですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ