バス以外で行きにくい人気ホテル、日航那覇グランドキャッスルに那覇空港から那覇バスを使って行ってみました。 - とある台湾観光の旅行記録

バス以外で行きにくい人気ホテル、日航那覇グランドキャッスルに那覇空港から那覇バスを使って行ってみました。

日航系のホテルという事もあって、那覇市内のホテルの中では比較的人気の高いホテルである日航那覇グランドキャッスル。このホテルは非常に良いホテルだとは思うのですが、最寄り駅から遠過ぎる事が唯一の難点であります。レンタカー利用だと苦労しないんですけれども、モノレール利用だとしても駅から徒歩20分くらいはかかってしまいますしね。

そんな日航那覇グランドキャッスルなのですが、実は那覇空港からだと直接路線バスを使って最寄りのバス停まで行く事が出来ます。最寄りのバス停とはいえ、そこから歩いて5分くらいはかかってしまうんですけれども、モノレールから延々と歩くよりはマシですよね。日航那覇グランドキャッスルは立地の関係上、ホテルの格の割には割安なホテルです。で、路線バスを使うと空港からたったの220円で行けますので、是非ともこの記事をご覧の上、行き方をマスターしていただければ幸いです。

そんな日航那覇グランドキャッスルの値段・朝食などが気になる方は・・・

ホテル日航那覇グランドキャッスルの値段・朝食などを楽天トラベルでチェックする☆

地元のバス・那覇バス25系統に乗車したいと思います。

那覇空港4番バス乗り場

さて、那覇空港に到着しまして那覇空港の出口を出てまいりました。今回乗車するバスは、那覇バスの25系統になります。このバスは空港の真ん中あたりの出口を出た場所である4番乗り場から発車しています。ピーチ航空・エアアジアジャパンのLCCターミナル行き無料連絡バスと乗り場が同じなので、乗り間違えないように注意したいですね。

バス車内

バスの車内はこんな感じで、那覇空港から乗車した人は私を入れて2人だけでした。当然ながら、普通の路線バスなので荷物がめちゃくちゃ大きいと言う方には向いていないかもしれませんね。私はボストンバッグ1つだけだったので、難なく乗り込む事が出来ました。

沖縄フリートレードゾーン

那覇空港国内線ターミナルを出発したバスは、国内線ターミナル→国際線ターミナルと停車しまして、那覇市内の旭橋にある那覇バスターミナルへと向かいます。途中、空港の施設が続くのですが、この施設は「沖縄フリートレードゾーン」の建物になりますね。つまりは、自由貿易地域の事なのです。沖縄振興開発特別措置法に基づいて指定された場所だそうなんですけれども、こういう施設がある事すら知りませんでしたね。

那覇軍港

途中、那覇軍港というバス停を通ります。こちらの軍港は空港からほど近い場所にあり、在日米軍基地のアメリカ陸軍が使用しているんだそうです。

那覇バスターミナル

そう言う所をバスは通過しながら、那覇市内のバスの集積地であります那覇バスターミナルへとやってきました。このバスで直接行けない場所に行く方は、大体がここで乗り換えになりますね。旅行者の方はほとんどがツアーやレンタカーで那覇にいらっしゃると思いますので、バス乗り換えという方は多くはないと思うのですが、個人的にはバスの旅は結構好きなんですよね。

山川郵便局

那覇バスターミナルを出発すると、バスは国際通りの中に入って行く事になります。国際通りは平日の昼間であってもご存知の通りの大混雑でして、この国際通りを抜けるだけで20分はかかってしまいましたね。

そして、ここまでガラガラだったバスも、途中のバス停から乗り込む人が多く、椅子が大体埋まるまでにはなりました。そして、那覇空港を出発して実に45分くらい。ようやく今回下車する山川バス停に到着しました。ご覧の写真はその目の前にある山川郵便局となります。

ホテル

ここから日航那覇グランドキャッスルは徒歩5分くらいとホテルのウェブサイトにあったのですが、バス停付近から写真を撮ってみると、まだコレくらいの距離があります。それでも、モノレールの駅から歩くよりは断然近いのではありますが、荷物が重い人にはちょっと辛いかもしれませんね。荷物が重過ぎる人は無理をせず、空港かモノレール首里駅からタクシーを使うのが良いでしょうね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ