ダイソーにアニメイトに温泉に映画館まで、新・新千歳空港は一日中遊べるわね - とある台湾観光の旅行記録

ダイソーにアニメイトに温泉に映画館まで、新・新千歳空港は一日中遊べるわね

2011年の12月にリニューアルオープンしたばかりの日本の北の玄関口新千歳空港。羽田線が単一の路線としては、世界で初めて年間利用客1,000万人を超えるほか、台湾・中国・韓国など国際線も多く就航しており、常に多くのお客さんで賑わっています。

元々国内線のお土産屋さんの数は国内の空港でも有数の規模を誇っていたように思ったんですけど、今回のリニューアルオープンにより、この新千歳空港がさらに楽しめる空港になりました。実際、今回は午前10時前に空港に着いたんですが、結局空港を出たのは14時半頃。何と4時間半も空港で遊んだことになるんですね。これでも、全然遊んだとは言い切れず、本気で遊ぼうと思ったら、千歳で1泊するくらいの心持ちが必要なように思います。

また、外国の旅行客に人気のありそうなお店が多く入っており、旅行客が最後に日本のお土産を買うためには最適と言えるでしょう☆

まずはダイソーです。看板が外国で見かけるようなダイソーのようですね。ダイソーは関西国際空港にも出店していますし、外国の方のお土産需要があるんでしょうね。台湾だと確かダイソーは39元ショップになるんですね。今の為替レートだと、実はどちらで買ってもあまり変わらないんですよね。

ダイソー新千歳空港

次は、アニメイト新千歳空港店です。都市部にあるイメージのアニメイトですので、この立地の出店は意外でした。オリジナルの商品としては、今映画が公開中のけいおん!グッズ、北海道が舞台となっているWORKING!グッズが新千歳空港店のオリジナルとして販売されていました。また、限定ではないものの雪ミク関連のグッズも目立ちましたね☆

アニメイト新千歳空港

次は万葉の湯です。この温泉は神戸にも出店しているチェーン店ですね。宿泊も出来るとのことですが、大規模な空港は元々比較的休めの宿泊の需要があるように思うので、今後の展開に期待したい所です。私も機会があったら、1泊してみたいかも!?

万葉の湯新千歳空港

次は映画館です。映画を飛行機の搭乗前に見ようと思うと、3〜4時間の余裕が欲しい所ですが、さすがにそんなに前に空港に来る人は少ないのでは?と思ってしまいます。ただ、近隣のアウトレットモールレラも含めて一大商業地として考えるならば、成功の可能性はありそうですね☆

じゃがぽっくるシアター

最後にご紹介するのは、カルビーのショールームです。こちらのカルビーでは、全国発売前のじゃがりこが販売されていました。店員さんが2月6日発売と言っていたので、今は既に全国発売されている味ですね。私はあまりスナック菓子は食べないんですけど、美味しいと思いました。

カルビー新千歳空港

カルビーのショールームでは、ポテトチップスに関するムービーが見られます。スクリーンが3面あり、場面によっては3面で別々の映像が流れるなど、気合いの入った設備になっています。長さも全部で15分はありますので、通しで見るだけでも大変かも!? 私が行ったときは、椅子が2個しかなかったので基本的には立ち見を覚悟しましょう。

カルビー新千歳空港

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ