キャセイパシフィック航空 CX464便 香港=台湾桃園(ビジネスクラス)四川風のチキン。辛い、辛過ぎますわよ奥さん! - とある台湾観光の旅行記録

キャセイパシフィック航空 CX464便 香港=台湾桃園(ビジネスクラス)四川風のチキン。辛い、辛過ぎますわよ奥さん!

今回は、香港の香港国際空港から台湾の桃園国際空港までを結ぶキャセイパシフィック航空464便に搭乗した時の機内食をご紹介する事にしたいと思います。今回は、定番の台湾発券のビジネスクラスを利用しております。

台湾発券のビジネスクラスは、どこに行くにも日本=台湾=香港=目的地と飛行機を3回乗らないと行けないのが難と言えば難ですけれども、その値段の安さが魅力的ですよね。しかも、途中台湾や香港で途中下車する事も出来ますので、時間のある方には是非ともオススメしたいチケットであると言えます。詳しい事が知りたい方は、過去の記事を検索してみてくださいね。

今回の機内食は四川風チキン。辛い、辛過ぎますわ!

香港国際空港から台湾の桃園国際空港までの距離はご存知でしょうか?意外に近いという事は台湾通の方ならご存知かと思うのですが、実際の所東京=札幌(510マイル)と全く同じ飛行距離(510マイル)になります。遠いと言えば遠いですし、近いと言えば近いですよね。今回は西から東に飛行する便だったため、飛行時間は僅か1時間10分。それでも、国際線なのでフルサービスの機内食が出てちょっと忙しいですね。では、そのメニューをご覧ください。

前菜

前菜:季節のフルーツ

パン

パン

メイン

メイン:四川風チキンとご飯

四川風チキンアップ

こちらが、今回のメインメニューである四川風チキンとなります。四川風ということで、辛いという事は想像は出来たのですが、想像していた以上の辛さで久しぶりに残してしまう危機となってしまいました。自分で選択した四川風チキンなんだから、頑張ってちゃんと完食はしましたけどね。これから、キャセイパシフィック航空に搭乗する時には「四川風」は避けて通ろうかと思っています。

ケーキ

デザート:ラズベリーチーズケーキ

香港スタイルミルクティー

キャセイ名物:香港スタイルミルクティー

到着しました

ということで、1時間強の短い飛行時間を経て、台湾は桃園国際空港に到着しました。ここから今回宿泊した台北市内・西門町エリアの台北ガーデンホテル(花園大酒店)までは1時間弱くらいかかりますので、どれだけ飛行機が早いかという事がわかりますよね。

by カエレバ

クリスマスシーズンは台湾でもクリスマスの飾り付けがガンガン飾ってあるのが定番ではありますが、こちらは、台湾ではおなじみの肉類加工食品販売である新東陽のお店の前に飾ってあったクリスマスツリーになりますね。新東陽は街中で良く見かけますし、カラスミやパイナップルケーキなどのお土産も置いてありますので旅行客の皆さんも訪れた事のある方が多いお店なのではないかと思います。日本でも新東陽の商品は買えるようですけれども、上のサイトを見るとさすがに高い値段となってしまっていますね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ