ディンタイフォン(鼎泰豐)立川高島屋店。小籠包付きのズワイ蟹入りフカヒレ炒飯セットをいただきました。 - とある台湾観光の旅行記録

ディンタイフォン(鼎泰豐)立川高島屋店。小籠包付きのズワイ蟹入りフカヒレ炒飯セットをいただきました。

国内・海外問わず食べまくっている鼎泰豐の小籠包。こういうブログをやっている訳ですから、台湾を代表する食べ物である鼎泰豐の小籠包をあちこちで食べるのは、ある意味宿命と言えるかもしれませんね。今回は、少し前の話になってしまいますが、出張で東京・多摩地域に行った時に食べた鼎泰豐・立川高島屋店に行った時の記事を書きたいと思います。

過去の鼎泰豐関連の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

さて、国内の鼎泰豐の店舗数は、実の所既に本場台湾の店舗数を凌ぐほどになっています。それも、国内で鼎泰豐を経営している高島屋系の会社の頑張りによるものと言えるでしょうね。以前は、高島屋にしか入っていなかった鼎泰豐も、最近はよそのデパートに入っているのを時々見かけます。同じ会社が経営する香港の糖朝と共に今後の店舗展開に期待したいですね。個人的には、神戸市内への出店を望みたい所ですけれども・・・!?

by カエレバ

ズワイ蟹入りフカヒレ炒飯セット(2,310円)をいただきました。

小籠包の準備

台湾の鼎泰豐に行くと、最初からこの小籠包セットの準備がテーブルに出来ているような気がするのですが、日本の鼎泰豐は必ずしも皆が小籠包を食べるとは限らないので、小籠包の注文を通してからこの小籠包セットの準備がなされるんですよね。鼎泰豐に行って小籠包を食べないとは、餃子の王将に行って餃子を食べない事に等しいと思うのですが、そう思うと餃子の王将でも餃子を食べない人は結構居る気がしてきました・・・。

ズワイガニ入りフカヒレ炒飯

ズワイガニ入りフカヒレ炒飯

小籠包

小籠包:セットメニューでは4個入りです。

小籠包の肉汁

小籠包の肉汁

帆立入り小籠包

帆立入り小籠包:別途注文しました。4個で588円。

仙草ゼリー

黒糖仙草ゼリー:別途注文しました。315円。

ということで、せっかくの鼎泰豐だから・・と思ってガンガン注文しているとなんとお会計が3,200円に!台湾の鼎泰豐では、めちゃくちゃ食べても1,000円強くらいにしかならないんですけれども、コレが物価の違いか、日本の鼎泰豐だから奮発してフカヒレ炒飯を食べたのが悪いのか・・・。

実際の所、さすがランチタイムで総額3,200円分も食べただけありまして、特にフカヒレ炒飯は美味しかったですね。小籠包も安定の味でしたし、帆立小籠包は通常の小籠包とは少し違った海鮮の風味を楽しめる面白い小籠包だと思いました。仙草ゼリーは日本風の味付けでコレはコレでありかなと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ