ロックフェラーセンター(ニューヨーク)展望台からマンハッタンの絶景。エンパイアステートビルよりは空いててオススメ☆ - とある台湾観光の旅行記録

ロックフェラーセンター(ニューヨーク)展望台からマンハッタンの絶景。エンパイアステートビルよりは空いててオススメ☆

今回はニューヨークの有名なビルディングの一つであるロックフェラーセンターに行きたいと思います。ロックフェラーというと、世界史の教科書には石油王として触れられる事があると思いますけれども、19世紀にアメリカの石油市場の席巻した超有名ビジネスマンであります。

このロックフェラー、1839年生まれの実業家であったんですけれども、なんと御歳90歳を超えている1930年になって、このロックフェラーセンターの建設が指示されました。1839年生まれの人によって建てられたビルだと思うと、アメリカの歴史は浅いとはいえ驚いてしまいますよね。

1930年というと、世界史の教科書ではおなじみ「世界恐慌」のまっただ中であります。そんな中ですので工事も難航したそうなんですけれども、9年後の1939年に無事ロックフェラーセンターは完成したのでありました。

実は、日本人に取っては馴染みのあるビルでして、一旦バブル景気の時の1989年に三菱地所がこのロックフェラーセンターを買収しているんですよね。当時は貿易摩擦で日米の軋轢があったと聞いているのですが、このロックフェラーセンター買収もその象徴的な出来事の1つとして取り上げられる事があります。

さて、建物面での特徴を述べますとこのロックフェラーセンターは地上70階建て、高さは259メートルとの事です。エンパイアステートビルにはかなり劣りますけれども、このロックフェラーセンターの展望台からは逆にエンパイアステートビルをキレイに臨む事ができますし、エンパイアステートビルに比べると空いていますので、オススメの観光スポットを言えるのではないでしょうか。では、詳しく見て行きたいと思います。

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)

町山 智浩 文藝春秋 2012-10-10
売り上げランキング : 6997
by ヨメレバ

セントラルパークが大きいというのは理屈では分かっていましたが・・

ロックフェラーセンター入り口

ということで、ロックフェラーセンターの展望台の入り口がある所にやってきました。49st.と50st.に面しているこのロックフェラーセンターですが、このロックフェラーセンターの展望台の入り口は50st.の方にあります。逆の方に行ってしまうと、ぐるっと回らないと行けないので気をつけたい所ですね。

チケット購入

チケットを購入しました。大人1人のチケットの値段は25$(=2,200円くらい)と展望台に入るだけの値段と考えるとちょっと高めですね。ここのチケット売り場では、MoMAなどの近所の美術館とセットで入る事が出来るチケットも売っていましたので、両方行くと言う方は、そちらのチケットを検討してみると良いかもしれませんね。

上の階へ

エレベーターを使って上層階に上がってきました。ありがちなタワーの上層階の風景ということで、ここから景色を眺めて満足してしまいそうなんですけれども、このフロアで満足せずにエスカレーターを使って、もう1つ上の階に上がって行くことにしましょう。

北側絶景

そうすると、目の前に絶景が広がってきます。この写真だけ見ると、柵も何もないように思えてしまうかもしれませんけれども、実際は透明の柵があって、所々その柵が切れていて写真を撮るときはキレイに撮れるというからくりですね。コレはロックフェラーセンターから北側の風景、セントラルパークですけれども、地図で見ると大きいと言うのは分かっていましたが、これほど大きい公園だったのですね。改めて驚いたものです。

南側絶景

続けて南側、マンハッタンの先端の方を見てみたいと思いますが、こちらはエンパイアステートビルがキレイに見えますね。普通なら向こうに上がる方の方が多いと思うのですが、あえてこちらに上がってエンパイアステートビルを対面に見るというのも面白いのではないでしょうか。

望遠鏡

そのエンパイアステートビルの方向に向かって望遠鏡が設置されていましたので、実際に見てみる事にします。値段は50セントで大体2分くらい見られたでしょうか。この望遠鏡を使うと、エンパイアステートビルの展望台で見学していらっしゃる人並みがちゃんと見られるんですよね。望遠鏡を右下に向けますと、タイムズスクエアの電飾も見る事が出来ました。50セントくらいなら見てみても良いと思いませんか?

東側

そして、こちらは西側のハドソン川の風景ですね。ニューヨークは実際に行った事がない方は分からないかもしれませんが、マンハッタン島の西側はハドソン川・東側はイースト川と2本の川に囲まれています。つまり、マンハッタンは巨大な中州と言う訳なんですよね。

エレベーター

ということで、寒いニューヨークで数十分のマンハッタンの絶景観光が終わり、エレベータを降りる事にしました。このエレベータ、写真に撮るのは難しいんですけれども、上を見ると色々と映像と音声が流れるんですよね。さすがに施設の更新はしているんでしょうけれども、1939年落成のビルの割には何かと近代的だな〜と思ったのでありました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ