タイ国際航空のエアバス380に乗って当たる「飛んでもらえるキャンペーン」。春の時期は航空券も安いのね。 - とある台湾観光の旅行記録

タイ国際航空のエアバス380に乗って当たる「飛んでもらえるキャンペーン」。春の時期は航空券も安いのね。

最近、航空機の新機材で世の中を賑わせているのは何と言ってもボーイング787ですよね。ANAがローンチカスタマーだったと言う事もありまして、現在飛んでいるボーイング787の約半分が日本の航空会社となっており、国内大手2社でトラブルが相次ぐ結果となってしまいました。

一方、6年前の2007年に運行開始したエアバス社の超大型2階建て飛行機がエアバス380です。このエアバス380は海外では人気の高い航空機だとは思うんですけれども、日系の2社は扱っていないため、私は未だに乗った事が無いんですよね。

この機材も一度カンタス航空の保有している機材でエンジンの一部が破損して緊急着陸→緊急点検という事があったのですが、この時は運行再開まで約3週間かかってしまいました。今回のボーイング787の件はもう少し長引くかもしれませんけれども、燃費の良い飛行機と言う事なので、しっかり点検の上、早い再開を個人的には期待したいと思います。

1月16日にタイ国際航空のA380が成田にやってきました。

さて、エアバス380の話に戻ります。私の地元・関西国際空港ではシンガポール航空の夏期臨時便でしか見かけた事がないんですけれども、成田空港にはちょくちょく定期便がやって来ていますよね。今回、このラインナップに加わったのが1月16日に機材変更をしたタイ国際航空と言う事になります。

ちなみに、話題はちょっとそれてしまうのではありますが、このタイ国際航空のエアバス380は2013年の8月から、関西国際空港にもやって来る予定なんですよね。関西国際空港=タイは就航している会社が同社とJALだけであり、JALがあまりやる気を感じられないので、タイ国際航空がどんどん増便・機材大型化している形となります。夏が楽しみですね。

A380飛んでもらえるキャンペーン

話は今回のA380に戻りまして、今回の成田空港へのエアバス380就航を記念して「エアバス380 飛んでもらえるキャンペーン」という懸賞企画がタイ国際航空のページで実施されているようです。

A380飛んでもらえるキャンペーンで当たるもの

A380飛んでもらえるキャンペーン ダブルチャンス

その当たる商品はこんな感じとなっています。当たるのは合計53名様ということで、なかなか自分に当たるということもないと思いますが、3月31日までにエアバス380に乗った人で、さらにウェブから応募した人だけが抽選対象となっているので、意外に知られていないこのキャンペーンはチャンスと言えるのかもしれませんね。

タイ国際航空 キャンペーン運賃

ちなみに、3月までの運賃ではないのですが、現在タイ国際航空のキャンペーン運賃が発売されています。上の運賃は、燃油サーチャージ+各種税金の19,200円(バンコクまでの場合)が含まれていないため、エコノミークラスだと格安航空券で探せばもっと安い運賃が見つかる場合もあると思うのですが、ビジネスクラス、特にオーストラリア行きが19万円というのは比較的安いのではないかと思います。

この運賃、当然成田空港を発着するエアバス380で利用することが可能な運賃です。エアバス380のビジネスクラスは、2階席に60席あるフルフラットベッドのちょっとだけ個室のようなサービスがウリとの事。私もスケジュール調整できそうであれば、この運賃で4月〜6月くらいにオーストラリアかヨーロッパへ行ってみたいと思っています。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ