伊丹空港「国際線」チェックイン/伊丹空港国内線ANAラウンジ/国際線機材で運行のANA2176便 - とある台湾観光の旅行記録

伊丹空港「国際線」チェックイン/伊丹空港国内線ANAラウンジ/国際線機材で運行のANA2176便

東京などの首都圏にお住まいの方が海外旅行へ・・となるとほとんどのケースで羽田空港か成田空港に直行してそこから海外へ・・となると思うのですが、私のように地方在住となるとまずは東京へ乗り継ぎのために飛ぶという事が必要なんですよね。

ANAJALは基本的には地方発着の国際線路線を拡充するよりは、一旦東京に来てもらってソコから乗ってくださいというスタンスなので、仕方ないとは思うのですが、時間的には面倒なものの伊丹空港=成田空港はツアーの代金に+1,000円というのが基本線なので、マイルも頂ける事を思うと悪くないのかもしれませんね。

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

今回は、ANAハローツアーで行くニューヨークツアーに参加しました。ANA公式のツアーは、JTBやHISと言った大手の旅行会社と比べると人数が少ない事が多く、特にビジネスクラスは割安はツアーが多い事に注目ですね。まあ、エコノミーで値段重視だと大手の方が良いと思うんですけれども、それ以外の方にはオススメできるツアー会社だと思います。

伊丹空港で国際線部分のチェックインまで終える事が出来ます。

伊丹空港チェックインカウンター

さて、ニューヨーク旅行のスタートは、伊丹空港の国際線チェックインカウンターとなります。この国際線チェックインカウンターは、国内線のチェックインカウンターとは別の場所にあるんですけれども、バスやモノレールから来るとターミナル入り口にあるのでまず間違えることはないと思いますね。駐車場から来る人はちょっと注意が必要です。

羽田空港や成田空港だと、ダイヤモンド会員は「ファーストクラス」のチェックインが利用でき、ほとんど待つ必要がないんですけれども、伊丹空港だとビジネスクラス以上は全て同じカウンターになりますので、少しは待つ必要があります。まあ、それでも悲惨な那覇空港の国際線チェックインに比べるとかなりマシと言えますけどね。

伊丹空港ANA国内線ラウンジでしばし休憩です。

ANA国内線ラウンジ

ということで、チェックインを終えた後は伊丹空港ANA国内線ラウンジでしばし休憩したいと思います。このラウンジ、最近リニューアルしたばかりと言う事もありまして、内装はかなり凝っているんですよね。ただ、リニューアル前より席数が大幅に増え、狭くなった座席が多いというのは個人的には残念な点であります。

ジュースとお菓子

今日は、朝早くて朝ご飯を食べている余裕がなかったので、朝ご飯代わりということでここで野菜ジュースとおつまみをいただく事にしたいと思います。

ANA2176便成田空港行きで成田空港に出発です。

国際線機材です

今回のANAハローツアーでは、国内線部分の座席指定は適当に行われているんですけれども、このANA2176便は長距離線の国際線の機材で運行されますので、もし当日空きがあるようであれば、なんとしても前の方の座席をゲットするようにしましょう。

この写真だと分かりにくいかもしれませんが、この前の方の座席は「国際線ビジネスクラス」の座席なんですよね。国際線のビジネスクラスの座席に「国際線」として搭乗すると、運賃が非常に高いですが、この便なら東京=大阪の値段で乗れますので、ビジネスクラス体験にはもってこいかもしれませんね。

座席調整

この国際線のボーイング777も導入からはかなり経ってしまい、ANAの最新のボーイング777やアジア系各社の長距離ビジネスクラスと比べるとイマイチな水準になってきましたけれども、それでも腐っても長距離ビジネスクラス。こんな感じでシートも細かく調整できますし、ベッドも水平ではないもののかなり快適なリクライニングとなっています。今回は、時間が短いながらも、ちゃんとベッドポジションで短い睡眠を楽しんだのでありました。

ANA2176便 伊丹空港=成田空港 2013年1月

■ 獲得マイル数:630マイル
■ 獲得プレミアムポイント:560ポイント(累計21,662ポイント)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ