乗客はたったの7人でちょっと心配!? CX565便 関西国際空港=台北桃園国際空港(ビジネスクラス) - とある台湾観光の旅行記録

乗客はたったの7人でちょっと心配!? CX565便 関西国際空港=台北桃園国際空港(ビジネスクラス)

2013年2月の台湾旅行では、行きにキャセイパシフィック航空565便の関西国際空港=台北桃園国際空港のビジネスクラスを利用することにしました。今回はビジネスクラスの利用なのですが、安い台湾発券のビジネスクラスを利用しているため、往復の運賃は約6万円という事になります。今後も、関西国際空港=台北の単純往復では使っていきたい路線ですね。

また、今回はちょっと日付が悪かったのか、意外に混んでいる事も多いキャセイパシフィック航空の565便のビジネスクラスが、今回は全部で7人のお客さんとなってしまいました。日によっては、30席以上ある座席が満席になる事もあるんですけれども、こういう日もあるんですね。そんな日でも大型のボーイング777を入れてくれるキャセイパシフィック航空には感謝です。

CX565便 関西国際空港=台北(ビジネスクラス)2013年2月

CX565便 関西国際空港行き

今回は、出発の直前に関西国際空港のラウンジパシフィックでゆっくりしており、この搭乗口がラウンジパシフィックのスグ近くにあるために、ギリギリに搭乗口にやってまいりました。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク・オレンジジュース

ボーイング777の椅子

近距離のボーイング777のビジネスクラスは、最近のANAや台湾系の2社に比べるとイマイチの感は否めません。徐々に新型の椅子にアップグレードするそうなんですけれども、それでも上記の3社には劣ってしまうんですよね。まあ、その分お手頃な値段でビジネスクラスを楽しめるというのであれば、それも必ずしも悪いとはいえないと思うんですけどね。

スプライト

食事前に:スプライトとピーナッツ

生ハム

前菜:プロシュートハム+メロン

ガーリックトースト

キャセイパシフィック航空名物:ガーリックトースト

カレイ

メイン:カレイのココナッツトマトソース焼き

ハーゲンダッツ

日本には売っていない(?)ハーゲンダッツ(クリームブリュレ味)

ミルクティー

キャセイパシフィック航空名物:香港スタイルミルクティー

プラリネ

プラリネ

実は、日本発着の路線の中でもこの関西国際空港=台湾の路線は飛行時間が2時間台と短めである事から、他の日本路線と比べると機内食がちょっと省略されているそうなんですよね。ワゴンサービスのケーキがアイスクリームになったりしているのが、それではないかと思います。まあ、個人的には往復6万円でこのサービスであれば満足かなと思います。今後も、安い台湾発券で定期的に台湾には行きたいですね☆

CX565便 関西国際空港=台北(ビジネスクラス)2013年2月

■ JALの獲得マイル数:1,326マイル
■ 獲得プライオンポイント:1,326ポイント(累計1,326ポイント)

JALとワンワールドグループの搭乗は2月にして今年最初となりました。日本から台湾・高雄の便はANA系では飛んでおらず、成田空港発着のJALを使うのが便利なので、今年もこの路線を中心にJALのポイントを貯める事になるのかなと思います。まだこの先の予定は未定ですが、今年もなんとか50,000ポイントは達成したい所ですね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ