永康街高記(台北/東門駅)旧正月で超混雑。名物の上海鉄鍋生煎包は2人でちょうど良い量かも!? - とある台湾観光の旅行記録

永康街高記(台北/東門駅)旧正月で超混雑。名物の上海鉄鍋生煎包は2人でちょうど良い量かも!?

普段は1人で台湾旅行に来る事が多い私なのですが、今回は久しぶりに友達と2人での台湾旅行となりました。ということで、今回は新しい小籠包のお店を発掘することはせず、めちゃくちゃベタに鼎泰豊の永康街本店でも行くか!と思い、地下鉄の東門駅までやってまいりました。

この地下鉄の東門駅は過去の記事でも度々取り上げています通り、橙色の線である橘線(中和新蘆線)の新駅という事になりますね。以前からずっと工事をしていた駅ではあるんですけれども、2012年の9月30日についに開通となり、この永康街に遊びに来るのにめちゃくちゃ便利になりました。そういう訳だからか今までよりも永康街が混んでいる気がしますよね。

さて、記事を書いている今は旧正月も終わっていますけれども、この旅行を行っている日は「旧暦の2013年1月2日」となります。台北の旧正月は休む店が多いというのは有名な事ではあるんですけれども、さすがに「鼎泰豊本店」くらいは営業してるだろう・・と高をくくっていたら、見事お休みなのでありました。

永康街 高記

ということで、鼎泰豊の南に20メートルくらい行った所にあるお店である「永康街 高記」さんにお邪魔する事にしたいと思います。この高記さんにお邪魔するのは、このブログでは3回目ということになりますね。過去の記事も気になる方は、こちらから検索をしていただければと思います。

永康街 高記のディナー(2013年2月)

食器のセッティング

さて、上の写真を見るとめちゃくちゃ混んでいるように見えたのですが、どうも「持ち帰り」で待っている方が多かったようですね。正月は「高記」の名物料理をテイクアウトで頼んで、家で家族で団らんという方が多いんでしょうね。そういうあたりは、日本の正月と似たような風景なのかもしれませんね。

上海鉄鍋生煎包

上海鉄鍋生煎包(180元)

熱い

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、中を割るとこんな感じになります。驚くほど熱いので、食べる時は口の中をやけどしないように十分にご注意くださいね。この前は1人で10個食べる事になってしまい大苦戦でしたけれども、今回は友達と2人で来たので超余裕であり、最後まで美味しく頂く事が出来ました☆

海老ワンタンスープ

海老ワンタンスープ(110元)

小籠包

小籠包(180元)

小籠包割りました

と、高記もう一つの自慢の料理である小籠包はこんな感じとなっています。ちょっと生姜乗せすぎだろ!とツッコマれそうですけれども、後から振り返ってみると確かにその通りかもしれませんね。このお店は1949年の創業でして、その頃からここ永康街で営業しており、台北でもっとも早く小籠包を提供したお店として知られているんだそうです。それだけあって、このお店の小籠包が一番美味しいという方も多いようですね。私も、ここの小籠包は大好きです☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ