神戸・ハーバーランドの花のイベント「神戸花物語2013」を見学してきました。2013年3月3日まで開催中です。 - とある台湾観光の旅行記録

神戸・ハーバーランドの花のイベント「神戸花物語2013」を見学してきました。2013年3月3日まで開催中です。

神戸=花というイメージをお持ちの方は意外に少ないのではないかと思う私なんですけれども、神戸は意外に「花」関係のイベントが多いんですよね。その中で一番有名なものは去年このブログでも訪れましたインフィオラータこうべかもしれませんね。今年もゴールデンウイークの5月3日・4日に開催予定ですので、GWに神戸旅行される方はぜひともチェックしておいていただきたいですね。

さて、今回はJR神戸駅前のハーバーランドの入り口にあるショッピングセンター「デュオこうべ」の中で神戸花物語2013という花のイベントが行われていましたので、そこで撮影した写真を紹介することにしたいと思います。

このブログをご覧の読者の皆さんからすると、「神戸=都会」というイメージが大きいと思うのですが、実は神戸市は面積がかなり大きい都市でありまして、「田舎地域」の方が面積では上回っているんですよね。そのため、意外に農業の方も多く、その中でも「花」の生産が実は盛んな都市であるということはあまり知られていません。

毎年神戸・ハーバーランドで開かれるこの「花」のイベントも今年で7回目ということになりました。この「花」のイベントでは、神戸市内各地で作られている「花」の即売会をはじめ、色々と工夫したイベントが開催されています。開催は日曜日の3月3日までとなっていますので、JR神戸駅にいきやすい地域にお住まいの方は、是非足を運んでみてくださいね。

会場は広くないんですけれども、屋内が花でいっぱいですね。

入り口

さて、JR神戸駅から駅前のエスカレータを下ってきますと、そこはデュオ神戸の入り口となりまして、そこがこの神戸花物語2013のメイン会場となっています。今日は金曜日で普通の平日なんですけれども、人気のイベントだからか多くのお客さんが集まっていました。

オブジェ1

オブジェ2

上の写真のように、花で作ったオブジェも飾られています。めちゃくちゃキレイにできていますので、今日は写真ファンの方が多数会場にいらしていましたね。

即売会

このイベントの目的の1つが「神戸市内で育てられている花を知ってもらうこと」ということで、神戸市内で育てられた花がこんな感じで大量に売られていました。花の相場というのは詳しくは知らないんですけれども、見た感じ適度な値段かなと思いますね。意外かもしれませんけれども、このお花たち、飛ぶように売れていっているのが印象的でした。

フラワーウォール

他にはこんな感じで4,000ものの花を使ったフラワーウォールがありました。神戸市西区の伊川地域で育てられた花を中心に使っているんだそうです。タイトルは「フラワーウォール」ってあるんですけれども、最初この英語が「FLOWER KABE」に見えてしまったというのは秘密の話です・・・。

フラワーアレンジメント

また、会場内ではフラワーアレンジメントの人気投票が行われていました。こんな感じでおそらくは一般の方のフラワーアレンジメント作品が色々と展示されておりまして、人気投票を行い1位の作品を決めるんだそうです。投票した人にも商品があたるチャンスがあるようですね。

さて、これらは花を中心として展示でしたけれども、ステージでもイベントが開かれておりまして、「神戸市内産のチューリップを使ったフラワーアレンジエンターテインメントショー」であるフラワーアレンジメントショーというイベントが平日にも関わらず立ち見がたくさん出る人気となっているようでした。この土日も多数のイベントが開催されるようですので、神戸駅に行きやすいところにお住まいの方は、是非ともイベントを訪れてみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ