ダイヤモンド会員専用の羽田空港国内線「ANA SUITE LOUNGE」の超豪華な雰囲気をご紹介します。 - とある台湾観光の旅行記録

ダイヤモンド会員専用の羽田空港国内線「ANA SUITE LOUNGE」の超豪華な雰囲気をご紹介します。

今回は、ANAの最上級会員であるダイヤモンド会員だけが利用することができる羽田空港国内線のANA SUITE LOUNGEを利用してきましたので、その雰囲気をご紹介したいと思います。ANAのダイヤモンド会員と申しますと、1年間に10万ポイント(ポイントはおおむね 国内線マイル数×2+国際線マイル数の合計 で計算)搭乗する必要がありまして、普通に飛行機に搭乗しているだけでは、なかなか10万ポイントに達しません。

そのため、当ブログでは台湾や他の海外に旅行に行くときにわざわざ伊丹空港=那覇空港=羽田空港=台湾=成田空港=那覇空港=神戸空港などというように、めちゃくちゃ遠回りをしながら台湾に行くことが多いんですよね。確かにポイントとマイルは貯まるんですけれども、結構疲れますので、普通の方にはオススメできないルートとなっています。海外出張が多く、ダイヤモンド会員を目指したいという方は、このルートにチャレンジしてみてはいかがですか!?

今だけのキャンペーン。ANA-JCBカードで24,050マイルプレゼント中です。

他のラウンジと比べると客層は落ち着いていますが、わがまま客も!?

椅子の雰囲気

正直、羽田空港国内線のANAラウンジは、羽田空港が日本を代表する空港だからか、わざわざダイヤモンド会員のスイートラウンジに入らなかったとしても、椅子などの面では気合いが入っています。それでも、このスイートラウンジの椅子は、通常のラウンジの椅子のさらに上を行く快適な椅子ですね。

全体の雰囲気

ラウンジ内全体の雰囲気はこのようになっています。羽田空港の通常のラウンジの方は、入室基準が比較的甘く、また3,000円を支払って入ることもできるため意外にざわざわしているのですが、スイートラウンジの方はスペースにもゆとりがあって、全体的に落ち着いていますね。ただ、自分は偉いと勘違いしているわがまま客が多いのか、携帯電話のマナーを守れていない人が多いという1点についてはイマイチですね。

飛行機

空港の4階・ラウンジ内から外を眺めて

クッキー

クッキーとリアルゴールド

よもぎパン

よもぎパン

パンプキンスープ

パンプキンスープ

青汁

上の写真にあるような軽食とお菓子をいただきつつ、最後はやっぱりこの青汁で締めるのが国内線のラウンジですね。この青汁、いつ飲んでも本当にまずいんですけれども、少なくとも健康には良さそうですので、いつも我慢して1杯は飲むようにしています。聞く話によると、ラウンジ内の牛乳と混ぜて飲むと美味しいそうなんですけれども、今のところはまだチャレンジしたことはないですね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ