台北発着オプショナルツアーランキング(2013年2月)寒い冬は高雄が人気!? 久しぶりに太魯閣も複数ランクイン。 - とある台湾観光の旅行記録

台北発着オプショナルツアーランキング(2013年2月)寒い冬は高雄が人気!? 久しぶりに太魯閣も複数ランクイン。

今回は、゜:*★台湾のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°さんのご協力で2013年2月の台湾人気オプショナルツアーランキングを集計したいと思います。

2月というと、日本ではまだまだ寒い日が続いていましたよね。3月に入って、本州では暖かい日が多くなって来たようですけれども、台湾南部の街・高雄は既に「最低気温」で20度くらいの暖かさとなっています。暖かい日だと最高気温は30度に達する事もあるんですが、コレでも夏に観光するよりはマシな暑さなので、高雄に行きたいという方は、今のうちに行っておく事を個人的にはオススメしたいですね。

また、今月は久しぶりに太魯閣峡谷を巡るツアーが複数ランクインしました。花蓮に行く交通手段としては、先月2013年2月に登場したばかりの「普悠瑪列車(プユマ)」が今は話題ではないでしょうか。人気の電車なので、ツアーではさすがにこの電車を使うものはないんですけれども、それはさておき、花蓮・太魯閣峡谷は「台湾の自然」を見たいという方には、一度はオススメしたいツアーになりますね。

台湾などの海外旅行にお得に行きたいという方にオススメのリンク集です☆

■ [ツアー]JTB海外旅行:台湾では評判の高いJTB。地元の人にも人気だとか。
■ [ツアー]阪急交通社:安かろう・・なサービスが多いですが、値段第一なら。
■ [ツアー]グルメなあなたは台湾へ!JALパック:参加人数の少なさが魅力。
■ [航空券]海外旅行予約サイト「トルノス」:JTB系の格安航空券販売サイト。
■ [ホテル]365日【最低価格保証】エクスペディア:最安でない場合は返金アリ。
■ [ホテル&ツアー]日本最大級の楽天トラベル:楽天ポイントファンなら。


第10位(再):たっぷり満喫!高雄日帰り観光ツアー

台北以外の都市としては、やっぱり一度は行ってみたい高雄。台北発だとちょっと時間的に厳しいとは思うのですが、高雄まで行って日帰りの観光をするんだそうです。まあ、昔とは違って今は台湾新幹線で1時間半で行けるので、この前行ったサンフランシスコーヨセミテ(4時間半かかる)と比べるとよっぽど市内観光には適していると言えるのかもしれませんね。

日程を見てみると、朝8時半に新幹線に乗り、龍虎塔・慈済宮・74展望台と観光した後昼食、そしてショッピングをはさんで渡船にて旗津半島へ、天后宮・老街散策となるようです。有名な六合観光夜市がないのが残念ですけど、メジャーな所は一通り回るといった感じでしょうか。私なら、観光ペースがゆっくりなので、それだけを周るだけでも2泊3日くらいかかっちゃいそうな勢いですね。値段の6,500元(=18、000円くらい)は高いですけど、新幹線に乗るので仕方ないかな。

台湾高速鉄道(台湾新幹線)のチケットの買い方は意外に簡単ですし、高雄市内にはMRTも走っているので、高雄は自分で旅行に行っても良いかもしれませんが、欠点としてはMRTが南北・東西の2本しかないので、有名観光地でもバス・タクシーで行かないと行けない所があるんですよね。そう思うと、ベタな所だけ見たいのであれば、このツアーも一つの選択肢かもしれませんね。でも、とにかく高雄に安く行きたい人は、アロハバス+安いホテルがオススメ☆

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第9位(新):九ふん観光ツアー<午前/軽食付き>

台北近郊のオプショナルツアーとして行くには一番手頃に行けるため人気の高い「九ふん観光ツアー」がランクインしました。実は、今月も「九ふん」のツアーは複数ランクインしておりまして、このツアーはその1つ目という事になります。このツアーは、三普旅行社(ナルワントツアー)が主催のツアーなんですけれども、このツアー会社は台湾を旅行しているとちょくちょく見かける会社ですね。

地元の会社でサービスはきちんとしているという印象なんですけれども、とにかく参加者が多い傾向にあるように思います。参加者数自体は運としか言いようがないんですけれども、値段の面では確かに魅力的なので、どちらかというと「オススメ」ということになりますね。

■ 7時半:台北市内中心部(主要ホテル)より出発。シェア ライドにて九分へ(移動時間約1時間)。非情城市~昇平戯院~自由散策等
■ 11時半:シェア ライドにて台北市内へ
■ 12時:魯肉飯などのB級グルメの軽食
■ 13時:台北市内中心部(主要ホテル)到着※現地解散も可能

と、今回のツアーはこんな感じとなっています。朝のスタートが7:30というのは朝が遅めの私にはちょっと厳しいんですけれども、ツアー所要時間が5時間半であっても帰ってくるのが13時なので、午後以降の時間も有効に使えるという点は素晴らしいのではないかと思います。値段は1,200元(=4,000円くらい)と比較的手頃ですよね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第8位(ー):太魯閣(タロコ)峡谷観光ツアー(往復列車)

JTB台湾が主催する人気の太魯閣(タロコ)峡谷観光ツアーがランクインしました。太魯閣(タロコ)峡谷は電車で行くと3時間ほどかかってしまうため、時間を節約するために片道または往復に航空機を利用するプランもあるのですが、こちらは全て列車で移動するプランとなります。

1日で観光となると、往復の移動だけでも6時間以上かかって結構大変かと思いますが、値段は4,000元(=12,300円くらい)と旅行内容の割には安く抑えられていますので、予算控えめの旅行がしたい方には、オススメのプランと言えるのかもしれませんね。

スケジュール
07:50頃 コスモスホテル(天成大飯店)にお出迎え
08:20頃 台北駅(列車にて)→花蓮
11:30頃 タロコ峡谷入り口到着
11:35頃 長春祠 下車観光
12:00頃 昼食(山月村にて原住民風料理)
13:15頃 燕子口 下車観光
13:30頃 大断崖 下車観光(約5分)
13:45頃 九曲洞 下車観光、先端から戻ってきながらの散策
14:30頃 休憩(約30分)
15:15頃 ショッピング(30分以内)
16:40頃 花蓮(列車にて)→台北駅
19:16頃 台北駅解散

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第7位(ー4):台北市内観光ツアー(故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠)

定番の市内観光がここでランクインしました。故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠といえば、台北に初めて行く人としてはとりあえずはここだけは外せないって感じの観光地ですものね。この市内観光の特徴としては、とにかく駆け足でベタな所を回ってしまおうという日程ですよね。それだけあって、午前or午後だけで観光が終わっちゃいますので、他にツアーを入れたいという方にはオススメと言えるのかもしれません。まあ、個人でコレだけ回ろうとすると、どうしても1日仕事になっちゃいますからね。

台北市内の主要な見所を3時間でまわれるお手頃な市内観光ツアー。午前と午後、2パターンご用意していますので、スケジュールに合わせてお申込みできます。故宮博物館や総統府、中正記念堂、中国寺院など。

このツアー、お決まりの総統府の車窓から始まって、故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠とお決まりのコースを回るのですが、これだけ回って所要時間が4時間なんですよね。となると、故宮博物院が超駆け足となりそうで、それだけがちょっと心配であります。でも、台湾では良く見かける宏祥旅行社(Edison Travel)の主催で、値段も900元(=2,800円くらい)と非常に安いので、お試し参加はしやすいのではないでしょうか?

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第6位(ー1):JTB台湾の九ふん散策観光ツアー

当ブログではかなりの頻度で登場するJTBのオプショナルツアーがランクインです。「千と千尋の神隠し」のおかげで日本でも大人気になっている九ふんのツアーですが、このツアーは九ふんだけではなく、ローカル鉄道に天燈上げ体験と言った、台湾の文化の体験もついくるツアーです。

今回のツアーの内容は、まず十分瀑布見学、その後人気の天燈上げ体験を行います。私もやった事ありますけど、確か世界平和をお願いしましたね。その後、平渓線にローカル線の体験乗車をして九ふんへ。九ふんの散策は昼食を入れて2時間だそうです。個人的にはもうちょっとほしい所かな?そして、ショッピングを経て解散という8時間コース。値段は3,000元とちょっと高めですけど、JTBは普通のツアーは人数が多いけど、このオプショナルツアーは人数が少ない事が多いので、細やかなサービスが期待できますよ。

私は3年前くらいに、このJTBの九ふん散策観光ツアーに参加したのですが、なんと私とお友達の2人だけ。そして、少ない人数のツアーだからか、おじいちゃんがガイドさんだったんですけど、九ふんの坂道で私たちがハァハァ行ってる中、おじいちゃんが元気に先に進んで行くのが印象的でした。良い思い出のあるオプショナルツアーですね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第5位(初):おすすめ!花蓮 太魯閣(タロコ)峡谷観光ツアー

人気の太魯閣(タロコ)峡谷を巡るツアーが2つ目のランクインになります。前述の通り、台北から太魯閣までは意外に遠いため、往復電車ではどうしても観光時間が短めになってしまうんですけれども、この宏祥旅行社の方のツアーでは、片道に航空機を利用する事によって移動時間を短縮しています。7時に市内の松山空港発の飛行機に乗って、なんと7:35には花蓮空港についているんだから驚きですよね。

6:00 ホテルお迎え →7:00 松山空港発 →7:35 花蓮空港着、ガイドがお出迎え →8:15 太魯閣(大理石)峡谷 →8:45 砂卡礑歩道(ウォーキングツアー) →9:20 長春祠 →9:50 燕子口 →10:45 大理石橋 →12:00 シルク・プレイスにて昼食(1時間) →13:15 九曲 →14:20 大理石工場(15分) →14:35 大理石のジュエリーショップ(30分) →15:05 七星潭 →15:30 石彫公園 →16:00 列車にて台北へ →19:20頃 ホテルお送り

この宏祥旅行社のツアーのスケジュールはこんな感じとなっています。いわゆる太魯閣(タロコ)峡谷のツアーでベタと言われるところは概ね回っておりまして、ベタなお土産屋さんである「大理石工場」も当然ながら入っております。個人的には、お土産屋さんの分も観光に回してくれるとうれしいんですけれども、コレばかりはツアーの宿命でしょうか。

太魯閣(タロコ)峡谷地域は、公共交通機関がイマイチ発達していないため、地元の方もレンタカーを借りて旅行するのが良くあるパターンだと思います。国内線の飛行機に乗るため値段は4,900元(=15,500円くらい)と高めですけれども、都会の台湾ばかりではなく、こういう場所も台湾リピーターの方には一度訪れていただきたいですね。国内線の飛行機も個人的には滅多にない体験でオススメです。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第4位(再):大統 格安空港送迎

続いてランクインしたのは、格安空港送迎です。まあ、タクシーでも悪くはないと思うのですが、この送迎だと日本語を話せるドライバーさんが桃園空港や松山空港からホテルまで間違いなく、さらに直行で送ってくれるので安心のサービスではありますよね。1台毎の料金発生となり、空港からの出発なら松山空港が600元、桃園空港が1400元となります。

松山空港はタクシーが100元台で行ける場合もあるからかなり高いように思えるけど、桃園空港はタクシーとそう変わらない値段なので、安心してホテルまで行きたい人には良いサービスなのかもしれませんよね☆ さらに、追加料金を払うと市内観光もやってくれるんだそうです。まあ、個人的にはそれでもタクシーでいいかなとは思うんですが、初めての台湾が桃園空港の人ならコレでも良いかも?

例えば、台北市内〜桃園国際空港の場合、台北駅前で国光客運のバスに乗ってさえしまえば後は楽なんですけど、宿泊場所によっては最寄りの空港バスのバス停を調べるのも大変かもしれませんし、台北駅近くのコスモスホテルに宿泊しても、重い荷物の場合、意外にこのバスターミナルまでは遠いかもしれません。そう思うと、タクシーと変わらないこのサービスは魅力かもしれませんね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第3位(+1):大統 格安専用車チャーター

こちらは、台北市内を自由に観光できるチャーターの車なんですね。値段は3時間で2,200元(=7,000円くらい)からと他の会社よりは安めの値段設定ですね。このチャーター車というのは、日本の方の感覚だとちょっと豪華すぎるかな〜と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの前基隆などに行くJTBのオプショナルツアーに参加した時、ちょうど1人になってベンツなのに1人チャーター車状態となってしまいました。この時、チャーター車も意外に良い物だな・・と思ったのです。

簡単な日本語ができる運転手も多数だから車内も安心♪車種はトヨタや日産など日本車も充実しています。空いた時間を有効活用したい、家族や友達だけで気軽に台湾観光を楽しみたい方におすすめのツアーです。

ちなみに、案内やガイドは基本的には行ってくれない(でも、ガイドさん次第?)そうなので、その点だけは気をつけておきたいですね。観光してくださる範囲は、台北市・新北市までと意外に広いので、バスに慣れていないと観光しにくい、陽明山や九ふん、野柳などを訪れてみるもの一つの手かもしれませんね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第2位(ー):JTB台湾のノスタルジック九ふん観光ツアー

九ふん関係のツアーがランクインとなりました。こちらはJTB台湾のツアーであり、人気の九ふんだけありまして、出発時間が朝9時・昼2時・夕方4時と1日3便も出発便があるツアーとなっています。九ふん自体は電車+バスで行くという選択肢もありますし、忠孝復興のSOGOのあたりからバスで行くという選択肢もありますけれども、ツアーで行くとなんと行っても楽という利点はありますよね。

この観光のポイントとしては、とにかく内容がシンプルな事です。余分なショッピングはありませんし、食事時間もありません。ただ、指定ホテルから九ふんに行って、見学して戻ってくるというだけになります。時間は効率的に使えますので、せっかくの台湾観光なので、出来るだけ多くの場所に行ってみたいという方には、オススメ出来るツアーかもしれませんね。

さて、このツアーのタイムスケジュールをチェックしてみますと、ホテルから九ふん地区に直行し、現地で90分散策。そして、直行でホテルに帰ることになります。せっかく九ふん地区に行くのだから、90分だけ散策ってのはちょっともったいない気もするんですけど、1,500元(=4,800円くらい)ならこんなものなのでしょうか。もし、路線バスに乗れる方なら、忠孝復興のSOGO前から出ている基隆客運が115元なので、個人的にはこちらをオススメしたい所です。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第1位(ー):九ふん観光+夜市散策ナイトツアー<軽食付き>

そして、1位も先月と同じ九ふんツアーなのでした、これで5連覇となる人気不動のツアーですね☆ 九ふんは、自分ではちょっと行きにくい場所で日帰りツアーで行きやすい適度な距離っていうのがポイントなんでしょうね。こちらは、地元の有名な旅行社三普旅行社(ナルワントツアー)の主催ですが、夜のツアーというのが人気のポイントなんでしょう。

この1位の九ふん観光+夜市散策ナイトツアーですが、あまりに1位が続くのでどういうものかと思い、実際に9月の台湾旅行で参加してきました。値段が3,700円程度と比較的安いということがあって、参加者がめちゃくちゃ多く、バス4台が満員での出発となったんですよね。その参加者の多さはちょっと引いてしましましたが、それを除くとツアーのガイドさんも手慣れたもので、ちょっと夜の九ふんを訪れてみたいというのであればオススメ出来るツアーかなと思いました。

2001年公開、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった町として紹介され、知名度が一躍高まった九分。街並みには提灯が燈され一段と幻想的な場所に変身した九分を満喫して下さい。観光後、夜市に訪れます。

ただ、九ふんの観光自体は実質1時間ちょっとしかありません。コレが多いか少ないかはその人次第だと思うのですが、私としてはせっかく九ふんに行くのであれば、自分でバスを使って行って、午後から夜まで滞在し、ゆっくりとお茶会をしたりお土産屋さんをゆっくり眺めたり、あちらこちらの写真を撮った方がいいかな・・!?と思ったのでした。ただ、台湾旅行で時間が限られているという方にはオススメできるツアーだと思いますよ。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ