東北新幹線・はやて22号 グランクラスのお食事(2012年2月)と「萩の月」などのおやつをご紹介します。 - とある台湾観光の旅行記録

東北新幹線・はやて22号 グランクラスのお食事(2012年2月)と「萩の月」などのおやつをご紹介します。

今回は、東北新幹線のファーストクラス相当であるグランクラスの車内で提供されるお食事とおやつをご紹介したいと思います。このグランクラスは、東京駅=仙台駅の場合は、通常料金に+9,000円支払う必要がありまして、価格帯的にはANAやJALの国内線上級クラス(+8,000円)を意識しているんでしょうね。

グランクラスと航空2社を比較すると、食事面・座席面ともにJALのファーストクラスが一枚上手かな・・とは思うんですけれども、どれを好むかは人それぞれと言った所でしょうか。では、食事の詳細をご覧いただければと思います。なお、座席などについては過去の記事でご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧くださいね。

はやて22号 仙台駅=東京駅(グランクラス)2013年2月

グランクラスお弁当

グランクラスのお弁当は「和食」「洋食」からの選択制となっています。それぞれ季節感を演出したメニューだという事なんですけれども、アテンダントさんが持って来てくださった写真付きメニューを見ると和食の方が美味しそうに思えましたので、今回は和食を選択する事にいたしました。一緒に飲み物として黒ウーロン茶をいただいています。

グランクラス 和軽食

今回のメニュー:ふぐ唐揚げ・ごぼう天ぷら・焼エリンギ・赤魚白醤油焼・とろ湯葉・エビ煮・卵焼き・ブロッコリー・煮合わせ(海老すり身・こんにゃく・人参・蓮根・蕗)・とりめしご飯

コーヒー

食後にはドリンクをいただきます。「ハーブティー」なんて珍しいかなと思ったんですけれども、今回はベタにコーヒーをいただく事にしました。ちなみに、ビール・ワイン・日本酒・シードルも飲み放題となっているようです。お酒好きの方にはうれしいサービスかもしれませんね。

お菓子

さて、アテンダントさんがコーヒーと一緒にデザートを持って来てくださいました。メニュー表にはお一人1つと書いてあったんですけれども、コレは「おかき」と「萩の月」のどちらか一つという意味ではなく、どちらも1つずつ食べてよいという事のようですね。特にこちらから要望を出すまでもなく、両方とも持って来てくださいました。

おかき

萩の月の方は超有名お菓子ですので、今更個々で触れるまでもないかと思いますね。今回は、おかきの方をご紹介したいと思います。銘柄は「七彩めぐり」となっていまして、グランクラスのマークが入っていますね。JR東日本専用の銘柄のようです。作っているのは亀田製菓でありまして、さすがの美味しさだなと思いました。このおつまみは航空系2社よりも美味しいと思いますね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ