豚骨ラーメンの博多新風(神戸そごう)神戸初登場の豚骨ラーメンを「第11回九州の物産展」でいただいて来ました。 - とある台湾観光の旅行記録

豚骨ラーメンの博多新風(神戸そごう)神戸初登場の豚骨ラーメンを「第11回九州の物産展」でいただいて来ました。

既に終わってしまった物産展の情報を掲載するのもどうか・・と思ったのですけれども、先日まで「神戸そごう」で開かれていました「第11回九州の物産展」におきまして、神戸市初登場のラーメン屋さんである博多新風のラーメンをいただく機会がありましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

この博多新風なんですけれども、食べログのウェブサイトを見るとそこそこ評価の高いお店のようです。おそらくは、神戸そごうでいただくよりも、実際に博多に行って食べる方が美味しいんでしょうけれども、さすがにそれだけのために博多まで行く訳には行きませんので、今回は物産展のメニューで我慢ですね。

by カエレバ

ちなみに、この博多新風のラーメンは、東京の方で有名なラーメン屋さんである「ラーメン凪」とのコラボレーションでカップラーメンを発売しているんだそうです。まあ、カップラーメンと本物のラーメンだと差は大きいですけれども、値段の差を考えると仕方ないのかもしれませんね。興味のある方は、上記ページをご覧になってくださいね。

ということで、神戸そごうの9階にやってまいりました。

博多新風メニュー

ということで、いつも混み合っている神戸・三宮にある神戸そごうにやってまいりました。こちらが、今回の博多新風のメニューという事になります。ラーメンで735円、全部乗せで約1,000円というのは正直な所高いかなとは思うんですけれども、ここは天下の「そごう」の中ですので、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんね。

コラボセット

ちなみに、今回は同じく「第11回九州の物産展」に出店していた佐賀「焼肉玄風館」さんとのコラボメニューが1日限定30食で発売されているという事ですので、このコラボメニューをいただく事にしました。ラーメン単品+150円くらいなので、結構お得な方なのではないかと思います。

おにぎり

そのコラボメニューが、「焼肉玄風館」さんのおにぎりなんですよね。肉がドーンと入っている訳ではありませんけれども、焼き肉屋さんらしいタレをからめたご飯を使ったおにぎりという事になります。コレが+150円くらいでいただけるのであれば、お得かなと思いました。

ラーメン

そして、こちらが「博多新風」さんのラーメンになります。基本的には博多ラーメンなんですけれども、マー油が多めに使われているのが特徴かなと思いました。スープ自体は見た目ほどこってりはしておらず、どちらかというとマイルドな方かなと思いました。このお店、ラーメン不毛地帯の神戸にあったら間違いなく流行しそうですね。

いただきます。

ということで、「博多新風」さんのラーメンをいただきたいと思います。既に、今回の「第11回九州の物産展」は終わってしまいましたけれども、またチャンスがありましたら、このお店のラーメンをいただきたいなと思うのでありました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ