円山動物園(札幌市)- オリジナルキャラ・マルヤマンと面白い手書き看板に注目☆ - とある台湾観光の旅行記録

円山動物園(札幌市)- オリジナルキャラ・マルヤマンと面白い手書き看板に注目☆

雪祭り一色に染まっている2月上旬の札幌。雪祭りとなっている大通やすすきのは平日にも関わらず、世界各国からのお客さんで賑わっています。そんな中、都心の喧噪から離れ大通駅から地下鉄に乗ることわずかに3駅。札幌市のオアシス円山公園に隣接している、円山動物園にやってまいりました。

雪祭り開催中の北海道では雪祭りに連動したイベントがいくつも開催されています。ここ円山動物園でも、雪祭りに連動して円山動物園スノーフェスティバルが2月12日まで開催されていました。

平日の円山動物園。大人気の旭山動物園は平日でも全国からお客さんが殺到しているんですが、こちらの動物園はそこまでの人気はないのか、非常に静かな入り口の風景です。

入園券は600円。せっかくなので勉強を兼ねて英語パンフレットと地図をいただきました☆ 子供の頃から英語は頑張って勉強してきたけど、動物・植物・食べ物関係はあまり入試に出ないので、結構分からない単語が多いんですよね・・・。

ここ、円山動物園にはシンボルキャラクターがいます。その名もマルヤマン。可愛いのか可愛くないのか良くわからないキャラクターなんですが、このマルヤマンが至る所でお客様を出迎えてくれます。このマルヤマン、地元ではある程度の知名度があるのか、雪祭りの雪像にもなっていました☆

北海道でよく見られるオオワシの展示がありましたが、フンに注意という注意書きがありました。そんな外まで飛んでくるくらい豪快なフンをするんですね。

ここ、円山動物園ではキリンの赤ちゃんが生まれたそうですが、その名前がなんとナナコです。しかも、セブンイレブンの電子マネーと全く同じキャラの画像!? これは通報しなくては! と早とちりしてしまったのですが、きちんと提供:セブンイレブンと書かれてありました。そういう宣伝方法もあるんですね。

次はヒグマゾーンから。ヒグマゾーンには下の写真のような穴が空いていまして、運がよいとヒグマのにおいや息づかいが感じられようです。私にはちょっとわかりませんでした。さすがに、下のマルヤマンのようにコントのような状況にはなかなかならないとは思うんですけどね☆

円山動物園の大人気キャラクターマルヤマン。彼の決め台詞はシーク・イン!だそうですけど、それにちなんだシーク・イン!体操というものがあるそうです。これは見てみたいかも・・・・!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ