ヘビやカエルがちょっと苦手な人こそ見てほしい、円山動物園「は虫類・両生類館」 - とある台湾観光の旅行記録

ヘビやカエルがちょっと苦手な人こそ見てほしい、円山動物園「は虫類・両生類館」

札幌雪祭りの時期に行った円山動物園。同じ北海道内の旭山動物園との競争が激しいのか、私が行った日もいくつか新しい施設を建設してす。その施設は、アジアゾーン・アフリカゾーン・遊びの広場だそうです。

そんな円山動物園で、2011年の4月にオープンした2012年2月時点では一番新しい施設が「は虫類・両生類館」になります。

「は虫類・両生類って、要するにトカゲとかカエルでしょ?」

と思っているそこの奥さん、ちょっと待ってください。こちらの施設では、は虫類・両生類約60種120点という大規模な展示をするだけではなく、見せ方も工夫していまして、

こちらのように水中を泳ぐ巨大ワニをガラス越しに見ることができたり、

また、カエルやトカゲなどは、熱帯・亜熱帯・温帯と生息地に合わせた展示が行われており、それぞれの飼育ケースの温度や湿度が異なっています。そのケースからは大迫力のトカゲ・カエル・ヘビなどを見ることが出来、私のiPhoneでもここまで迫力のある写真を撮ることが出来ました☆

こっち見てるトカゲ。

木の枝で超グルグル巻きになっているヘビ。

黄昏れているカエル。

タイガースみたいなカラーのトカゲ。

視線がカッコいいトカゲ。

どうですか、この迫力。私は当然ながらトカゲやカエルなんて怖い・気持ち悪いと思っていましたが、こういう風な展示ならちょっと愛着がわいてきました。さすがに、直接触ったりなんてのはまだ無理ですけどね。

ここ、円山動物園では色々な展示を見てきましたが、実は一番時間を使ったのが、ここは虫類・両生類館でした。それだけ見所たくさんってことですよね。この記事でもその一端しか紹介しきれていませんので、機会があったら是非とも円山動物園へお越しくださいね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ