「映画ドラえもん のび太と奇跡の島」公開記念のアドベンチャーチューブスライダー☆ - とある台湾観光の旅行記録

「映画ドラえもん のび太と奇跡の島」公開記念のアドベンチャーチューブスライダー☆

毎年春に公開されているドラえもん映画、今年も新作映画の「映画ドラえもん のび太と奇跡の島」の公開が今週土曜日3月3日(土)からと目前に迫っていますね☆ 今回の記事はさっぽろ雪祭りの会場の一つ「つどーむ会場」にて行われていたイベントの一つ、ドラえもん×アドベンチャーチューブスライダーをご紹介したいと思います。

さっぽろ雪祭りのつどーむ会場は地下鉄東豊線の終点、栄町から徒歩800mの所にあります。栄町駅の構内には記念撮影コーナーがあり、可愛いお子様が駅員のコスプレで記念撮影を行っていました☆ 電車関係って男の子の憧れだもんね。

栄町駅からつどーむ会場へは歩いても10分強で行けるということでしたが、この日の札幌は比較的寒く、時には吹雪くような気候でしたので、会場への連絡バスに乗ることにしました。バスの運賃は100円、さらにバスは地下鉄2番出口の目の前から10分置きに出発と便利です。

会場に到着すると、早速アドベンチャーチューブスライダーへ向かいます☆ 無料で遊べるとあって、国際色豊かなお客さんがずら〜っと並んでおり、何と待ち時間は30分。さらに、降雪の影響でちょっとコンディションが悪くなっており、一番下まで滑ることができなくなっているようです。まあ、そう言われてもコレ目当てに来たんだから乗るしかないわ。

アドベンチャーチューブスライダーを下から撮影しました。

コレに座って上から滑り降りてくることになります。キチンとすわれるか心配!?

上からの眺めです。下から見るより高低差があるように見えてドキドキしてきました。お兄さんの助けでチューブに座り、下まで降りることになるんですけど、座り方がうまく行かなくて実は背中が見えていたんじゃないかと思います。恥ずかしいわ☆

コンディションが悪いということだったんですけど、大人の体重もあってかコースのほとんど終点まで降りることができました。見かけほどはスピードはありませんでしたけど、楽しく滑られたかな?待ち時間が短ければもう1回やってみたかったですね。

ここまで一切ドラえもんと関係ないやん!とツッコミ入れてしまいそうになりましたが、最後にお兄さんがドラえもんのシールを配っていました。大人がもらうもんじゃないわね、と思いながらお兄さんに聞いてみると、たくさん配らないといけないことになってるのでもらってくださいよ〜とのことでした。ということで、私もドラえもんシールいただいてきましたよ☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ